” 勇気ではなく…”

#041

こんにちは、JCサーフボード.チームライダーの”DALEEN”です。

気持ちの良い夏日が続きますね、元気にお過ごしですか?

さて、今週もノースショアのお話を少し(笑。

写真は、ワイメアから1マイルほど下った、レフトオーバースの反対側のライトオーバース。

IMG_2647.JPG

こんな、絵画の様なノースショアの海ですが、危険も潜んでいます、、

この限りなく美しいブルーのグラデーションの海底はとても浅くて、かつて火山島だったこの島の海の底は、溶岩リーフでできています。

何万年もの間押し寄せ続ける荒波は、その火山岩を侵食し続けて、その火山岩の気泡の穴を壊し、半分になったその穴のエッジをまるで刃物の様に鋭く創り上げて、サーファーを傷付けます、、

また、強烈なハワイアンサンズは、ピュアウォータと相性が良すぎて、とても気持ち良いのですが、そんな快感に裸で一時間も浸っていると、その夜は仰向けで眠れないほど背中は真っ赤っか、、

そして、可愛いカメさんにはほぼ100%お目にかかれますが、そのカメさんを食べに来たサメちゃんがサーファーをつまみ食いする事もあります…。

これら全ては、自らがその絵画の様な海でサーフィングしたいっていう誘惑に打ち勝てば全てスルーできますが、それはサーファーには無理な事です、、

では、どうすればいいのかなぁ…

浅い海底に触れないためには、波から落ちなければいいし、背中が真っ赤っかになりたくなければ、何か着ればいい。

では、サメちゃんにはどうすればいいのかな?

僕は、こう考えます、、

サメちゃんが生きるために食事する世界に入り込んで、サーフィンなんていう遊びをさせてもらうのだから、食べられても文句は言いません。

大切なのは、そう腹をくくってその世界に入り込む、” 勇気ではなく、偉大なる自然界の掟を受け入れる気持ち” だと、僕は思うのです…

今週もいらしてくださりありがとうございました。

つづく…

”サーファーにとっては聖域…”

#040

こんにちは、JCサーフボード.チームライダーの”DALEEN”です。

雨の土曜日ですね、、波は明日朝に期待して、ユルリと過ごすのもまた好いですね(笑。。

先週に続き、「知る人知る的なJCサーフショップ」の隣の部屋のお話しを少し、、

IMG_2605.jpg

ここは数々の名機を創り出してきたJCの仕事部屋であり、”サーファーにとっては聖域…”

気温も湿度もパーフェクト。

太平洋の真ん中、、北回帰線に位置するハワイの空気が綺麗なのはあたりまえですが、ここはそれだけではなくて、なんて言うか、磁場みたいなものがストーンって落ち着いていて、とっても居心地が良いのです…

世界屈指の名シェーパーであるJCは、この小さな部屋でシェーパーの域を超え、いわばアーティストがアトリエで、その作品の創作にのめり込む様にして、サーフボードをシェープします、、

そうして造られたサーフボードは、波を愛するサーファーの手に渡り、やがてサーファーの夢と共にこの部屋の何千倍何億倍もある海というフィールドに旅立って行きます…

部屋の外に見えるコーラウ山脈を眺めながら、僕はそんな事を想いつつ、サーファーである事、そしてサーフボードを愛する事ができる自分に、とんでもない嬉しさを覚えました(笑、、。

今週もいらしてくださりありがとうございました。

つづく…

”JCサーフショップ”

#039

こんにちは、JCサーフボード.チームライダーの”DALEEN”です。

ノーサーフだけはなんとかかわした感がある、2017年のゴールデンウィークも終わりますね。

今回も先週、JCに会いに訪れたノースショアのお話しを少し…。

JCサーフボードファクトリーは、オアフ島ノースショアのワイアルアにあります。

その建物内には知る人ぞ知る的な、”JCサーフショップ” があって、そこにはあの、米サーフィング誌と、米サーファー誌のカバーショットを飾った数々のJCサーフボードに乗る名だたるサーファー達のカバーショットがキチンとプレートの付いた額に収められて、今までのJCサーフボードの偉大な歴史として飾られています….。

一方、JCと夫婦関係(めおとかんけい:それほど仲が良く信頼関係があるという意:笑)とも言われる、シェーン.ドリアンが乗り込んできたサーフボードも陳列されていて、そこにはシェーンが昨年、エディアイカウ.インビテーショナルに使用したサーフボードや、ピアヒ(マウイ島のジョーズ)の大波に落としてゆくサーフボード(写真左側)から、普段使いの小波で振り回すショートボード(写真右側)に至るまで、次の出番を待っています、、。

IMG_2614.JPG

そんなサーフボードをベースに造られるJCサーフボード。

この部屋を掃除しながら僕は、ふと、ある話を思い出した、、

「良いサーフボードとは今までの良いサーフボードのコピーから成り立っている」

って、あのジョエル.チューダー氏も言っていたっけ、、

なるほど、ここにはどれを取っても全てが神がかり的な完璧なシェイプのサーフボードばかりで、その隣の部屋のシェイプルームで造られるJCサーフボードがいかに素晴らしいかという事実に、しばし放心(笑、、。

ここへは、誰でも来店することができるので、JCファンの方はもちろん、そんなオリジナルなサーフボードを見て触れて見たい方は、ノースショアを訪れた際にぜひ訪れて見てくださいね!

もちろん、JC本人がお出迎えしてくれますよ(笑。

今週もいらしてくださりありがとうございました。

つづく…

”夕方のノースショアに一人浮かぶJC”

#038

こんにちは、JCサーフボード.チームライダーの”DALEEN”です。

波の方も、サーフィングできるスタートのゴールデンウィークですね!

今回は先週、JCに会いに訪れたノースショアのお話しを少し…。

年末から2~3月くらいまでのゴリゴリのビックウェイブは過ぎ去り、4月の終わりのノースショアは毎日手頃なカタ~アタマ位のとても良い波が連日訪れていました(笑。。

そんな、ノースショアのレフトオーバースの目の前に居を構える、John Caper “JC” は、5’11のショートボードから、7’ 代のセミガン、、SAPに至るまで、その日の海に応じて、毎朝、何種類ものオーガニック素材をミキサーで掻き回したパワージュースを飲んで、毎日海に出ます…

夕方は、3Kgのダンベルによるアームリフトのトレーニングをしながら、サンセットサーフィングの波チェックを自宅のデッキから眺めつつ、その波面を伺う。。

その眼は鋭く、限りなく澄んでいる…

御歳70歳。

そんなJCは、僕に未来への希望と、いつまでもいつまでもサーファーとして生き続けるための背中を見せてくれる…。

写真は、カエナ岬を背に、”夕方のノースショアに一人浮かぶJC”。

IMG_2640.JPG

僕にとってのカッコイイ大人とは、まさにJCそのもの、、

今週もいらしてくださりありがとうございました。

つづく…

“Hero”

#037

こんにちは、JCサーフボード.チームライダーの”DALEEN”です。

サクラも満開となり、久しくライダブルな波も訪れた湘南の週末でしたね(笑。

サクラの花が咲く頃になると、15の春を毎年想い出します、、

中学を卒業して、それまで夢中になっていたサッカーとサヨナラした頃、僕はもうサーフィングに夢中になっていました。

サーフィングを始めて3年位は、間近にいる上手いサーファーを見ては、日々黙々と海に出て波と戯れていました…

18才の時、僕はあるとんでもないサーファーに身も心も奪われます、、

そんな彼のサーフィングスタイルは僕の夢の全てを兼ね備えていて、

そんな彼の容姿は僕の理想の全てを兼ね備えていて、、

そんな彼の現実と未来性に僕は死ぬほど憧れました、、、

5才の子供が、アニメヒーローに憧れて思考回路の全てを奪われる様に、当時18才の僕にとって、彼こそがリアルなヒーローであり、やはり思考回路の全てを奪われた人物。

男の子なら、誰だって誰かしら、“ Hero” が居たはず、、

しかし、僕にとっての彼は、”居た”ではなく、今も常に心に居続けて居ます。

一番感受性が強く、一番影響されやすく、一番突っ走る時期に出逢ってしまった人物は、その瞬間から僕の人生を完全に変えて、そして今だに彼は僕を支配し続けています…

彼の名は、 Matt Archbold (マット.アーチボルト)。

IMG_2502.jpg

” His my Hero “

今週もいらしてくださりありがとうございました。

つづく…

“ so , many many dreams …”

#036

こんにちは、JCサーフボード.チームライダーの”DALEEN”です。

早いもので、3月最後の週末ですね、、

サクラの開花を心待ちにする今日この頃(笑。

波も同様に、今夜から通過する南岸低気圧の恩恵を心待ちにしているサーファーもいます。

そんなサクラの花を咲かせて創るのは春。

そんな波を立たせて創るのは低気圧。

そして、サーフボードをサーファーのために創るのはシェーパー、、

ちょっと無理のあるこじつけにも聞こえるかも知れませんが、そんな観点からお話を少し(笑。。

春も低気圧もシェーパーも、創り主には、それを完成させる一つのテーマがあると想います…

それは”美”です。

サクラの満開はこの世のものでなほど美しく、

低気圧が創り出す波の斜面は完璧なまでに美しい曲線を成しています。

同様に、サーファーのためにシェーパーが創り出すサーフボードも限りない美しさを持っています…

JC大佐からこうして受け取ったサーフボードは、僕にとってはサクラの花や、完璧な波の斜面さえ忘れるほどの美しさを覚えました…

IMG_1806.JPG

美しさには愛がり、愛には勇気が湧くものです…

“ so , many many dreams …”

今週もいらしてくださりありがとうございました。

つづく…

”新鮮な魔法”

#035

こんにちは、JCサーフボード.チームライダーの”DALEEN”です。

すっかり春めいて来た春分の日の前日…

新しいいくつもの想いの様に、サクラの花もチラチラと咲き始めましたね。

そんな想いに駆られる春は、普段見るもの聞くもの感じるものに、”新鮮な魔法”を撒き散らせながら、あっと言う間に過ぎ去ってゆきます…

それはまるで、”全てを初めから上手くやり直せる様な気分”。

サーファーにとって、やって来る波はまさにソレで、波はいつも新鮮な魔法に満ち溢れています。

スクリーンショット 2015-08-21 11.14.27.jpg

たとえば、今乗った波をミスってしまっても、またすぐに沖へと戻って行き、そしてまた新たな気持ちで新たにやって来た波に乗ってゆく…

でも、それには何の意味もありません、、

その時はべつに、ものを消費しているわけでもなく、何かを造り上げているわけでもなく、誰かのためにそれをしたりさせられているわけでもありません。

サーファーは、ただそれが好きだから、そうすることがただ大好きだからそうしているだけなんですね(笑。

もしかしら、サーフィン同様、人生もあまり消費や構築に捉われず、何パーセントかは、自分自身のためだけにがむしゃらに生きてみるのが、自分のココロの中に新鮮な魔法を掛けるコツなのかもしれないな、、咲き始めたサクラの花を観て、そんな事を想ったりしました…

IMG_2448.JPG

皆さんは、この春にどんな魔法を掛けられましたか?または掛けられたいですか??

今週もいらしてくださりありがとうございました。

つづく…