雑誌が同時に二冊届いた日・・・Zさま第一号になり、グリーンフラッシュで心を射られた

2014-10-26 16.38.44

今日、家に帰るとポストにSurferとSURFINGの両誌がはいっていた。大学時代から購読してるから、かれこれ四半世紀近く愛読してる。インターネットの時代になるまえは、雑誌から情報を得るしかなかった。世界で何が起きてるのかは、雑誌を買わなくては解りえない時代だった。スミからスミまで読んで、知識を得ると同時に英語の勉強にもなったので、あれはあれは無駄な出費だったとはおもわない。趣味が高じて日本のサーフ系雑誌の翻訳の仕事もそののちやるようになったのだから、その基礎を作ったのは毎月楽しく読ませてもらったSurferとSURFINGマガジンだろう。そこでサーフィン用語を学び、選手を知って、世界の傾向を感じた。前置きが長くなったが、こんな風にふたつの雑誌が同時にはいってくるということは滅多にない。なにかいいことが起きるのか。なんかいい予感がする。ふふ

View this post on Instagram

@shanedorian having fun in OZ on his 6'3 SD-3.

A post shared by John JC Carper (@jc_hawaii_surf) on

@JC_Hawaii_Surf(JC Hawaiiのジョンさん)のインスタに @ShaneDorianの写真がポーストされていた。シェーンが好んで乗るSD-3は世界中のチューブをメイクする。でも、工場の人が言ってたが、なにやらRetro Rocketをオーダーしたいってシェーンから電話があったらしい。チューブ専門のレトロロケットでどこのスラブにいくんだろう?レトロロケットはタヒチのチョープーやOZのボックスのようなスラブ系の波のためにJCとドリ様が頭をつき合せて考案した魔物のようなボード。水面下で割れるスラブで、いかに速くリップの下からテイクオフし、フリーフォールしたあとがっちりレールをかませ(ときにはスライドしながら)、うえからシャンデリアが降ってこようと、テーブルサイズのボイルが湧いてこようと、チューブを抜けてくるのがレトロロケットの使命。シェーンに言わせると、大排気量のエンジンとと特大のタイヤをもった四駆のトラックのように荒れ狂った洞穴から確実に射出してくるらしい。すさまじい世界の話だ(汗)。

ちなみに、まだうちのウェブサイト(SurfScoutHawaii.com)はオープンしておりませんが、近日中にJC Hawaiiのボードを日本からカスタムオーダーできるようになります。ただ、JCのところにはあまりにも多くのモデルが存在するので、サーフスカウトハワイでは的を絞って本数を限定してプロモートします。かといって、サーフスカウトハワイのサイトに載ってないJCモデルはオーダーできないのではなく、JCのオフィシャルウェブサイト、JCHawaii.comにリストアップされているモデルすべてがオーダーできます。よって、Retro Rocketに興味がおありでしたら、我がサイトがオープンしたと同時にお問い合わせください。

湘南のZさまから、”ボードが届いたメール” いただきました。「サーフスカウトハワイはまだオープンしてない」と言いつつ、”ボードが届いたメール” がきたなんておかしな話しですが、じつはソフトオープニングはしております。早くも当サイトのことを聞きつけた知人関係からオーダーがはいっておりまして、湘南のZさまがめでたくお客様第一号となりました。パチパチパチ~♪ さんきゅ~、ブラ~!!

S__3751943

お買い上げいただいたのは、TRD。特徴的なデザインのTRDは形こそオルタネイティブっぽいですが、じつはじつは内容はenablerに近いばりばりのショートです。七里ガ浜の某有名ポイントのインサイドにある棚のうえで割れるホレホレライトで、このTRDをぶん回してあげてください、Zさん!! Yipeeee !! スタンダードのショートより若干ラクちんなボードなので、スモールデイや最近パドリングが衰えてきた方などにぴったりです。身長168cm、体重63kgの彼が選んだディメンションは、5’4” x 19.5” x 2.35” ・・・

Zさまから送られてきた写真のなかに、こんなフィンの写真が。いま、ジョンさんはいたくツインザーを気に入ってまして、すでにZさまがツインフィンをお持ちで普段からツインに乗ってるのを知って、オーダーする際に通常のクアッドよりツインザーのほうががいいのではないかとジョンさんが進言、ツインザーに決まりました。そして、完成後、ボードやフィンを梱包する段階で、ジョンさん自ら、”These go in FRONT”と”These go in BACK”と注意書きをつけてくれたようです。もちろんZさまは80年代からサーフィンしておられる方なのでツインザーは前が小さく後ろが大きいフィンであることはご存知でしたが、ジョンさんの厚意をいたく感謝しておられて、オーダーのお世話をさせていただいた私どもも恐縮至極でございます。これからも多くの日本のお客様にハワイの高品質なサーフボードをお届けしていきたいと強く感じた瞬間でした。日本のサーファーの皆様、何卒よろしくお願い申し上げます。

S__3751953

In conclusion・・・じつはハワイ在住29年、サーフィン暦はそれよりも長いのですが、グリーンフラッシュなるものを今日の今日まで見たことがなかった。カメラの望遠で撮ったものを拡大すればグリーン色になってるものもたまにありますが、今日はじめて肉眼で水平線に太陽が沈む瞬間、赤からグリーンに変色するのを目撃しました。フラッシュっていうので、なんか閃光が空を駆け巡るのかとおもってたんですが、そこまでスペクタキュラーではなかったです(笑)。駆け巡らなかったですけど、あれはグリーンフラッシュでいいんですよね? (笑)いやー、すごい綺麗だった。写真はグリーンフラッシュが起きるほんの数秒前に携帯で撮ったサンセット。粗いですが、雰囲気はでてるとおもうんですが、どうでしょう。

1414386841449

Have a nice week

あろは~

堅木