ダスティー・ペイン・・・is it really a Cinderella Story?

2014-11-15 19.44.40
ダスティー・ペインが勝った。賞金4万ドルと6,500ptsという貴重なポイントをゲットし、ランキング97位というどん底から一気に24位に這い上がってきた。ここ数年、怪我に泣かされ、試合に出てもまったく勝てず、勝利の女神から見放されていた、ダスティー。でも、サーフィンを見てる限りどうして彼が勝てないのか解らなかった。とくにバックドアのような本気波における彼の波を読む判断力と行くか行かないかの決断力は、ジョンジョンやジェイミーに匹敵するほど優れている。(写真は、2012年12月、パイプとバックドアがエピックになったときのもの)

2012_12_28_9497

2012_12_28_94192012_12_28_9523

サーフラインに彼のインタビューがでていた。

http://www.surfline.com/surf-news/dusty-payne-post-haleiwa-win-reflects-on-his-biggest-victory-in-years-and-more_120295/

その中で彼はこう述べている。「今年は何回か試合に出たけど、まったくダメだった。ハワイでは楽しくやれればいいという考えだった。結果はともかく、ヒートごといい波に2本乗れればいいかなと。これで自信がついたのは確かだけど、あんまり先走りしちゃうのもイカンでしょ。サンセットは出る・・・ラウンドワンに出るけど、そっから一つずつ頑張ってみるよ。そっから勝ち上がっていければ、それでいい。ここの試合にエントリーしたのは、来年プライムに出たいから。だからこの一勝を糧にそうするつもり。ただ、パイプに向けてトリプルクラウンは狙っていきたいとは思ってる。(トリプルクラウンのチャンピオンのこと)それが今現在の目標。それが叶ったら、ハッピーさ」・・・と、かなり謙虚な態度というか控えめなコメントになっている。やはりここまでの苦労がそうさせるのだろう。クオラファイするまでは生意気なことを言うのをやめておこう・・・みたいな、かなり日本人的考えを持ってるのかもしれない。そういえばマウイのローカルは、やたら謙虚で控えめなナイスガイがいたっけ。外人選手にありがちな、I’m so great!! っていう、うぬぼれ系の選手とはちがうようだ。

この前のブラジルにおけるプライム(オニールSPプライム)でも、彼は一コケで終わった。QSの試合結果はやはり気になる。来年どんなホットな選手がエリートツアーに加わるのか、それ次第で翌年のツアーの面白味が変わってくるのだから重要だろう。あのジョンジョンとメディナが加わった年はエキサイティングだった。いきなりメディナが初年度に優勝しちゃって我が目を疑った。そこにコロへやフィリペが入ってきてヤングジェネレーションの押上げがたまらなくいい!(笑)。サニーの名言である、「トップ16のケツを蹴散らしてやる!がお~!(笑)」なんて言う新人選手はいないが、メディナの勝気なとことか、ヘビーコンディションにおけるジョンジョンのクールなアプローチとかを驚異的に感じてるベテラン選手もいるだろう。

話は反れたが、ブラジルのプライム。試合がはじまってデイワンを過ぎたとこで試合結果をチェックすると、気になる選手、勝って欲しい選手等がばったばった敗退してるじゃないか。そのなかにダスティー・ペインの名前もあった。ちなみに彼以外に一コケを喫した選手は、例えば・・・CT選手のティアゴ・ピレス。ハワイのビッグボーイ、イゼキエル・ラウ。タナー・グダスカス。イヴァン・ギーゼルマン。ヤイデン・ニコル。今回ハレイワで破竹の勢いだったトーリー・マイスター。アメリカから今いちばんクオラファイ期待されている、コナー・コフィン。それに、CT選手のジャッドソン・アンドレ。ほかにもたくさんいるが、私が気になったのはその8名。

そして恐ろしいことにラウンドツーでは、シーバス、ミゲル・プポ、ジェレミー・フローレス、ミッチ・クルーズ、ブレット・シンプソンらCT選手5名が初日早々荷物をまとめて帰国する羽目になっている。皆、CTランキングで“バブル”って呼ばれてる、22位未満の危うい選手たちである。ブラジルまで行って初日で負けるのってかなりオチるでしょう。ホテルで泣いてるんだろうなあ。昔からそうだし、なんも変わってもないのだが、毎回コンペティションの情け容赦ない試合結果に悲劇さえも感じてしまう。だからこそ、ダスティーの今回の優勝は、”シンデレラストーリー”とまで呼ばれちゃうんだろう。まるでサンセットで彼がいいとこまでいってクオラファイするのが当たり前かのようにメディアは報じてるけど、本人がいちばんわかってるでしょ。クオラファイの道は遠くて険しいってことを。まだまだセレブレーションするのは早い。もう1試合踏ん張ってクオラファイを決め、ついでにシーバスみたいにトリプルクラウンの栄冠も手にしちゃえ!

堅木