Ehukai Madness・・・プロのサーフィンナマでみれてチョー感動!!

このあいだハレイワの大会の中継を観ていたら、アナウンサーのロス・ウィリアムズがいいことを言っていた。「ハレイワに来る途中、ジョコスがよかったらNWスウェル。ラニーズがよかったらNスウェル・・・」(NW=北東;N=北)そお、同じノースでもポイントによって理想的なうねりの向きというのが全然ちがう。よく知られてるのが、パイプはNWのスウェルがアイディール。北からくるうねりだと、最後の部分が閉じてしまってサーファーはあの穴の中に閉じ込められてしまう。そして、あまりにも北が強いと、はじめっから割れなくなる。予報では10フィートって言ってたのに、ブレイクしてないじゃない!?っていうようなことになる。向きである。そして、北になるとファイアーするのがラニアケア。(通称ラニーズ)NWのスウェルだとなんだかパッとしないのだが、それがNになると果てしなくつづくウオールがまるでジェフリーズベイのようになる。(ライトのいい波は、なんでもジェフリーズベイと言ってしまう悪い癖があるので、読者の皆さんは早めにその癖おぼえといてください・・・笑)

ハレイワのリーフの大会が終わったあと、風がけっこう吹いており、うねりの向きも北。するとオフザウオールからエフカイ一帯にも異変が起きて、割れるとことイマイチサイズが上がらないとこと分かれてくる。そこを先日撮りながら歩いてみた。トリプルクラウンが始まった今となってはパイプ周辺にあるオーシャンフロントの豪邸は世界中から集まったプロとアマが泊まっていて、目の前のビーチは選手だらけ。Volcomハウス、ジェイミー・オブライエン邸、リップカール、オークリーって豪邸がつづいてる。気になるのは、リップカールハウスの最上階のペントハウスにミックとギャビーが泊まってること。ワールドチャンピオン決まったあと、ぜったいご対面しなくてはならないことになる。なんせステイ先は同じ家の同じ階の隣同士である(笑)。ハワイにくるならぜひこういうときに来てもらいたい。混雑が嫌いなソウルフルな方はサーカスが去った後がいいかもしれないが、サーフィンをやってるのであれば一度はパイプマスターズは観ておきたいものだ。パイプは観れなくても、この時期のエフカイ周辺はサーフィン界のさまざまな人たちが集まっていて笑っちゃうぐらいみんないる。

オフザウオールとバックドアの好きな私は、いつもオフザウオール側からビーチに降りる。すると目の前にでかいセットが。うえ~こんなあるの!?ファイブぐらいはありそうなピキピキのオフザウオールである。小雨が降る中、ほとんど誰もいない海の中でもくもくとチャージしていたのが、ミック・ファニング。みんなが嫌がるファンキーなコンディションでも一人はいって練習する人好き。このとき、なんとなく今年はミックかなって思った。ハレイワもダスティーなんじゃ?ってファイナル前日から言ってた私ですので、当たるよ~(笑)
2014_11_18_9999
このあと雨がやんできて、あれ、もしやとシャッターを切ったのが、ロス・ウィリアムズと思われるサーファーがバックドアの綺麗なウオールをロスっぽいレイバックで木っ端微塵にしたから。ロスってT&C乗ってるのかなあ? あとノーズにオークリーのステッカー貼ってあったけど、そうなのかなぁ?
2014_11_18_9999_31
パイプは割れてないので、スルー。そしてエフカイのサンドバーに着いたら、カリフォルニアのカノア・イガラシがはいろうとしていた。初カノアである。やっと見れた。同じ日本人としてやはり今後が気になる少年ですね。
2014_11_18_9999_155
次はリーフ・マッキントッシュ。パイプスペシャリストの彼にはこの波は小さすぎるんじゃ?と心配したのは私のとりこし苦労であった(笑)。ご覧のとおり、スモールカインなエフカイでもhe was ripping!!
2014_11_18_9999_160
こんなフィンの付いてないボードで乗ってる人もいるし・・・keep sliding away~♪
2014_11_18_9999_330
可愛い子もビーチにいる(笑)
2014_11_18_9999_248
日本人のガイ・サトウもかっ飛んでたしい・・・
2014_11_18_9999_306
ベッシャンが息子のノアと現れたり・・・
2014_11_18_9999_137
ノアはお父ちゃんより乗ってたなあ。これまた今後が気になるスーパーグロム。
2014_11_18_9999_324
ちょっとパイプのほうを見たら、ナット・ヤングが空高く羽ばたいてるし・・・
2014_11_18_9999_287
バララム・スタックがメイヘムのあの変わったテールしたWeekend Warriorsに乗ってた。
2014_11_18_9999_321
そしていちばん飛ばしてたのはコロへ。カリフォルニアの貴公子、コロへ・アンディノ。さすがに彼のライドはエキサイティングなんてもんじゃない。目の前でこれでもか!って魅せてくれた。魅せられました。コロへ、最高!
2014_11_18_9999_262

 

これ、コンテストの会場じゃなく、フリーサーフィンですから。ちがった意味でコンテストよりおもしろかったかもしれない。サーフィン好きだったら、ハワイに来たらワイキキでサーフィンなんかするより、ここで一日中プロのサーフィン見てるのもいいんでは? で、サイズが下がったら一緒にエフカイで入る(笑)。