アベレージーサーファーによる”REAL インプレ”、JC enabler, 3rd Impression

「アベレージサーファーによるREALインプレ・・・プロが乗ってうまく乗れるのは当たり前。アベレージサーファーが乗ってからこそ判るほんとうの良さ・・・」

ついにenablerのインプレも第三弾になりました。これまでご愛読いただいた皆さま、誠にありがとうございます。このような未熟者ですが、未熟者だからこそボードの良し悪しがはっきりと解るんではないか?というコンセプトのもとにこのブログは成り立っております。尚、トップのこのブログのサブタイトルのところに「サーフボードの最新情報から、ハワイの波、ASP、音楽からアートまで、サーフカルチャーに関することはなんでも語っちゃうノースショア発の楽しいブログ・・・」とありますが、実際にウェブサイトを立ち上げ、ソーシャルメディアを使ってPRや情報発信をしていきますと、いろいろはじめるまでは分からなかった部分というのがみえてきました。当初このブログで拡散する予定だったサーフカルチャー情報は、「インスタやフェイスブックを使ったほうが広めやすいのでは?」ということで、WSLをはじめとするその他もろもろの情報はサーフスカウトハワイのインスタとフェイスブックを中心にポーストしていってますので、ぜひそちらをご覧になってください。

@surfscouthawaii

それでは、こちらのブログはどのように使っていくかというと、とりあえずサーフスカウトハワイで取扱う商品の紹介をメインにしたいとおもいます。とくにサーフボードの乗り心地をテストするインプレなどはまさにここにおくことで、当社ウェブサイトから直接ブログにはいって自分の調べたい商品の情報をスピーディーにゲットできることになり効率的に情報収集ができるようになります。ブログが全然アップされてないのはなぜ?と思われる方もいらっしゃるかとおもい、ここに説明しておきます。不定期ではありますが、お客様に役立つ商品の紹介を中心にブログはアップしていきます。フェイスブックとインスタのフォロー、よろしくお願いします。セールのお知らせ等、そちらを中心に流していきますので。

というわけで、今回も前置きが長くなりましたが(笑)、そうなんです、enablerのインプレが3回目となりました。ノースのスモールデイをピックして、”小波専門短くてワイドボディーな凝縮型モデルenabler” のテストにいってきました。このボードはもうすでに私の足と同化して身体の一部になっています。半魚人ではなく、半板人(はんばんじん)です(笑)。

この日の波は、こんな感じ。だいぶ表面にテクスチャーがあって、走りづらいときもありました。でも、ガシガシしごいていけばぐんぐんスピードつくノースらしいパワーある波です。

DPP_0004

このボードの気に入ってるところは、「蹴りだし感」が自分にとってちょうどいいとこです。レールを抜いてスライドさせる今風のサーフィンとはちがう、オールドスクールのレールをしっかりいれてするターンにちょうどいいレールの「入り具合」だとおもいます。ただ最近もっと派手なこともしてみたいとおもい、いま装着してるJCフィンより小さめのフィンを買おうか悩んでます。ミック・ファニングがこのあいだのベルズのイベントで快調にブロウテールしてたの観ました?ブロウテールやリバース系の技には小さめのフィンをつけたほうがやりやすいかと思って考え中です。フィンでぜんぜんライディングが変わってきますからね。自分に合ったフィンのだいたいのサイズを把握するのも大切ですし、サーフボードによってまたそれも変わってくるんでいろいろのサイズを試してみるといいかと思います。

DPP_0002 DPP_0003

b/s check turn

DPP_0010

これ以上小さい波は無理です(笑)。堅木の限界サイズcutback。じっと耐えてます。

DPP_0017

気持ちよくカットバック。よくある、自分ではリッピングしてると思ったのに、あとから写真みたらカットバックだったパターン(笑)。そういう経験ありませんか?ふふ。これも気分的にはパーコちゃんのようにカービングターンしてるつもりだったんですが、実際は、”なんだただのカットバックじゃん”で終わってしまいました。3枚目をみるとちょっと蹴りだしてますよね? ラウンドハウスだったらあんなとこで蹴りださず、大きな弧を描きながらホワイトウオーターめがけて大回転します。まあ、こんなもんですね、素人は(笑)。でも、一言言っときますが、乗ってる本人はいい感じにぶん回せて大満足したターンです。きゃはは!

DPP_0006 DPP_0007 DPP_0008 DPP_0009

これこそカットバック。写真1のマグショットをみればかなり力はいってるのわかります(笑)。自分的には波の傾斜がきつすぎてここでレール入れるのは困難におもえた瞬間です。ところが写真2でもわかるとおり、一旦セットしたレールはきっちり波を嚙んだまま写真3までつづいてます。最後の写真は”よっこらしょ”って言ってますが(笑)、ケリーのようにホワイトウオーターのもっと上のほうに垂直に当て込んでパシーンって返してみたいものです。ケリーにこのボード貸したら絶好調でしょうね。またノースのシーズンになったらシェーン・ドリアンにこのボード乗ってもらおうかな・・・およよっ、我ながらいいアイデア(笑)。

DPP_0012 DPP_0013 DPP_0014 DPP_0015 DPP_0016

だいぶ自分の体の一部と化してきたJCのenabler。でも、だからといって課題がないわけではありません。調子ははじめのころより断然よくなってきましたが、まだ立ち位置で悩んでます。そして今練習してるのはブロウテール。いつかブロウテールしてる写真をここでアップできたらいいんですが、まず無理かな(笑)。ま、目標があるとサーフィンの取り組み方も変わってきますので、ただ漠然とはいるよりはマシかな。

日本も春になってきたようですねえ。海にはいりやすい季節になってきました。この夏用にニューボードはいかがですか? いまならサーフスカウトハワイのカスタムオーダーが100ドル割引でーす!! 5月10日までグランドオープニングセールは続く・・・。

あろは~

堅木