”JCは現場で使う物造りを…”

#014

こんにちは、JCチームライダーの”DALEEN”です。

今週も、イイナミが現れて多くのサーファーがサーフィングを楽しんだ、ここ鎌倉。

ここへいらして下さるみなさんは、イイナミに乗れましたか?

さて、イイナミ=イイサーフボード。

サーファーなら、誰だって自分のサーフボードに愛着を持って、大切にしていると思います。

でも、サーフボードは消耗品で、使い込むほど老朽化してしてしまうのは仕方のない事ですね、、

僕は、サーフボードは波の上で履くビーサン(ビーチサンダル)、、とまでは思いませんが、ある意味そんな感じの消耗品として扱っています。

そうでないと、思い切り使いこなせないからです。

まして、造り手は飾り物ではなく、”サーフィングマシーン”を造ってくれた訳ですから、波をふんずけてナンボ、ヘコんでナンボなんだ、、って、思って乗ってます…。

だとしても、コケて、エルボやヒザ蹴り、時には頭突きもしてしまって、でっかいディント(ヘコみ)を付けてしてしまうと、自分の痛みよりもサーフボードを気使うのが、これもまたサーファーですね(笑、、

IMG_1671.jpg

こうして今年、JC本人から授かった、2本のFlying Fishi と、Retro Rocket もこの時は、まっサラだったのに、すでにイイカンジな使用感になってきました、、

だとしても、JCにとってそんな老朽化は、自分が造ったサーフボードで、”サーファーが限界サーフィング”をしている証なので、それが何よりもどんな事よりも嬉しい事なのだと想います。

”JCは現場で使う物造りを愛する職人さん”なのです…

今週もいらして下さりありがとうございました。

つづく…

by DALEEN