“もし世界が…”

#034

こんにちは、JCチームライダーの”DALEEN”です。

2月最後の日曜日ですね。

今月は、春一番、二番、、三番、、って毎週、大西(爆風的な南西風の事:笑)が三回も吹き荒れた一ヶ月でした。

そんな大西の翌日には決まって、鎌倉にはサイズのあるカタチ良いイイナミが訪れ、サーファーは寒さなんかどこかに置き去りにして、早朝からサーフィングしていました(笑。

そうは言っても、3回目の大西の翌朝はほんとうに寒くて、朝7時前から10時過ぎまで、3時間位サーフィンしましたが、最後の30分は手足を思い通りに動かすことができないほど身体はカチコチで、テイクオフはサーフィンしたての頃みたいに失敗したり、眼球筋も満足に機能しなくなってきてピントも定まらず、仲間の顔も間違えて知らないサーファーに声をかけたら、”モーニン!”なって英語で言われて初めて人違いだと気付き、しかも外人さんだと気付く始末、、僕も調子コイて、モーニン!って返したつもりが、口も凍りついていて、”モーモン!”なんて、発音、、モーモンって何?(笑、、

そうやって、終いには顔面も身体もガチガチとなってサーフィン終了(笑、、。

やっぱり、サーフィンは暖かい所でしたいなぁ、、

そう言えば、ちょうど一年前の今頃は、JC大佐の愛犬、ファーフォ(正確にはどうやら、ファーフェル?って名前みたい:笑)と、こうして暖かいノースショアの夕陽を一緒に眺めていたっけな…

IMG_1147.JPG

この時僕は、

“もし世界が、気温も、言葉も、人種も同じならば、世界は今よりもっとマシなのかな?、、”

なんて事をこの時考えていた事を想い出した(笑…

今週もいらしてくださりありがとうございました。

つづく…