”JCサーフショップ”

#039

こんにちは、JCサーフボード.チームライダーの”DALEEN”です。

ノーサーフだけはなんとかかわした感がある、2017年のゴールデンウィークも終わりますね。

今回も先週、JCに会いに訪れたノースショアのお話しを少し…。

JCサーフボードファクトリーは、オアフ島ノースショアのワイアルアにあります。

その建物内には知る人ぞ知る的な、”JCサーフショップ” があって、そこにはあの、米サーフィング誌と、米サーファー誌のカバーショットを飾った数々のJCサーフボードに乗る名だたるサーファー達のカバーショットがキチンとプレートの付いた額に収められて、今までのJCサーフボードの偉大な歴史として飾られています….。

一方、JCと夫婦関係(めおとかんけい:それほど仲が良く信頼関係があるという意:笑)とも言われる、シェーン.ドリアンが乗り込んできたサーフボードも陳列されていて、そこにはシェーンが昨年、エディアイカウ.インビテーショナルに使用したサーフボードや、ピアヒ(マウイ島のジョーズ)の大波に落としてゆくサーフボード(写真左側)から、普段使いの小波で振り回すショートボード(写真右側)に至るまで、次の出番を待っています、、。

IMG_2614.JPG

そんなサーフボードをベースに造られるJCサーフボード。

この部屋を掃除しながら僕は、ふと、ある話を思い出した、、

「良いサーフボードとは今までの良いサーフボードのコピーから成り立っている」

って、あのジョエル.チューダー氏も言っていたっけ、、

なるほど、ここにはどれを取っても全てが神がかり的な完璧なシェイプのサーフボードばかりで、その隣の部屋のシェイプルームで造られるJCサーフボードがいかに素晴らしいかという事実に、しばし放心(笑、、。

ここへは、誰でも来店することができるので、JCファンの方はもちろん、そんなオリジナルなサーフボードを見て触れて見たい方は、ノースショアを訪れた際にぜひ訪れて見てくださいね!

もちろん、JC本人がお出迎えしてくれますよ(笑。

今週もいらしてくださりありがとうございました。

つづく…