” 勇気ではなく…”

#041

こんにちは、JCサーフボード.チームライダーの”DALEEN”です。

気持ちの良い夏日が続きますね、元気にお過ごしですか?

さて、今週もノースショアのお話を少し(笑。

写真は、ワイメアから1マイルほど下った、レフトオーバースの反対側のライトオーバース。

IMG_2647.JPG

こんな、絵画の様なノースショアの海ですが、危険も潜んでいます、、

この限りなく美しいブルーのグラデーションの海底はとても浅くて、かつて火山島だったこの島の海の底は、溶岩リーフでできています。

何万年もの間押し寄せ続ける荒波は、その火山岩を侵食し続けて、その火山岩の気泡の穴を壊し、半分になったその穴のエッジをまるで刃物の様に鋭く創り上げて、サーファーを傷付けます、、

また、強烈なハワイアンサンズは、ピュアウォータと相性が良すぎて、とても気持ち良いのですが、そんな快感に裸で一時間も浸っていると、その夜は仰向けで眠れないほど背中は真っ赤っか、、

そして、可愛いカメさんにはほぼ100%お目にかかれますが、そのカメさんを食べに来たサメちゃんがサーファーをつまみ食いする事もあります…。

これら全ては、自らがその絵画の様な海でサーフィングしたいっていう誘惑に打ち勝てば全てスルーできますが、それはサーファーには無理な事です、、

では、どうすればいいのかなぁ…

浅い海底に触れないためには、波から落ちなければいいし、背中が真っ赤っかになりたくなければ、何か着ればいい。

では、サメちゃんにはどうすればいいのかな?

僕は、こう考えます、、

サメちゃんが生きるために食事する世界に入り込んで、サーフィンなんていう遊びをさせてもらうのだから、食べられても文句は言いません。

大切なのは、そう腹をくくってその世界に入り込む、” 勇気ではなく、偉大なる自然界の掟を受け入れる気持ち” だと、僕は思うのです…

今週もいらしてくださりありがとうございました。

つづく…