“お貸しします”

#052

こんにちは、JCサーフボード.チームライダーの”DALEEN”です。

先日、太平洋岸を走り去った低気圧のウネリが残って、ここ鎌倉は今日もなかなかライダブルな一日となった10月の三連休ですね!

混雑して波数も少ないので、ロングボードは別にして、波を捕まえるのに一苦労しているショートボードサーファーが多勢見受けられました、、

せっかく目の前に来た波のピークに、ちゃんとパドルして行くのに、エラー、エラー、、

そんなサーファーをよく見ると、先のとがった細身系のサーフボードに乗っていて、どうやらサーフボードちゃんが原因なのかな?、、

この辺りの低気圧による波は、基本的に非力で緩斜面だから、先のとがった細身なサーフボードちゃんでは、そんな波とは相性が悪いものです、、

そんな非力で暖斜面な波に相性が良いサーフボードちゃんは、丸っこくて幅が広いタイプ。

何故って、、

例えるならば、ヨットは風の弱い時には大きな帆を張らないと進みません、、反対に、風が強い日には帆を小さくしないと飛ばされてしまいます、、風ではなく、波の力を利用するサーフボードにとっては、”サーフボードの底側の表面積”がヨットの帆となるので、全く同じ原理なのです。

IMG_0017

写真の、JC Flying fish は、この辺りの低気圧による非力で暖斜面な波に相性がとっても良い丸っこくて幅が広いタイプのサーフボードちゃん。

非力で暖斜面な波のピークから、スーッと波に乗せてくれて、サーファーに「ハイどーぞ!、この波で何をしますか?」って、乗る波乗る波を楽しませてくれます(笑。

この日本の、鎌倉の海に持ち込んで乗り込んで、そろそろ1年になるこの、JC Flying fish 。

日本の日常波で完璧に楽しめます!

もし、そんなこのJC Flying fish に試乗してみたいっ!って思ってくださったら、連絡いただければお貸しします(笑。

連絡先は、info@surfscouthawaii.com

または、identity@shonanbayarea.com(こちらの方が早いかな:笑)

試乗のための全国発送はできかねますので、鎌倉、藤沢などお近くの方や、貸し出し場所にいらしてくださる事が可能な、中近距離な方はぜひどうぞ!

貸し出し期間は7日間、貸し出し時に携帯の番号と住所を控えさせていただきます。

破損弁償などに付きましては、真っ二つに折るなど、修理不可能な場合以外は特に発生致しませんので、ガンガン乗ってみてくださいね!

お問い合わせお待ちしています。

次回は、フィンについてお話しさせていただきます。。

今週もいらしてくださりありがとうございました。

つづく…

“The Boys of Summer …”

#045

こんにちは、JCサーフボード.チームライダーの”DALEEN”です。

毎日の猛暑、、実はもう、梅雨は明けているのかな?(笑

The Boys of Summer …(少年の夏…)ドン.ヘンリーの名曲、、。

サーフィングを知って32回目の夏が訪れるまでに、何度この曲を聞いた事だろうか、、

めずらしい夏の静かな真昼のビーチ、大波の肩を滑走した夏の日、あるいは、夏の大波に揉みくちゃにされたて疲れ果てた夕方、、この曲はそんなシーンにピタリとハマる(笑。

2015_09_29.jpg

そんな曲を未だに飽きずに聞いている僕もどうかと思うが、今の自分を形成している16才の感性を忘れずに生きていると、その時の一定の場所や時間に留まっている自分が今もずっとここにいる事に気がつく…。

過去は振り返る必要はない、、でも、過去を忘れる必要もない。。

サーフィングだけが未来を与えてくれる、、僕は、波を愛している。

その波は、若かれし日と同じ様に、繰り返し繰り返し訪れる…

そんな夏の大波と大好きな曲は、未だに僕を”少年の夏”へと誘う、、

はたして何故どうして、そこへフラッシュバックしてしまうのかなんて、たぶん死ぬまで解らない。

だからって、答えなんか求めないし、求める必要もない、、

それが解らない人生を生きる方が、たぶんドラマチックなんだ、、

だから、生ある限り純粋に” The Boys of Summer … ” のまま、僕は生き続けて行きたい(笑。

つづく…

アベレージサーファーによる”REALインプレ”、JC THUG BURGER, enabler, and FLYING FISH

「アベレージサーファーによるREALインプレ・・・プロが乗っていいのは当たり前。アベレージサーファーが乗ってからこそ判るほんとうの良さ・・・」  

今回のテストドライブは、「9月のノースに風波がNEから回り込んできてるので、ちょっくら小波用のボードをテストしてみようか」という軽い気持ちで、日本から来ていたゲストとジョンx2ズビーチに。ここはかなりの確率でジョンジョン・フローレンスに遭遇することがあり、北のメーソンズロックと南のリトルビーチにはさまれたセミシークレットなポイントである。ビーチに到着すると、目の前には、なんと波・波・波・・・かなり波数多し。この日はNWからの本格的なグラウンドスウェルではなく、貿易風が吹き荒れたあとの風波のはずなのに、かなりしっかり割れている。ノースってビーチから見てるとけっこうできそうで、いざ海にはいってみると、足を踏み入れた瞬間、「あれ、ヤバっ!かなりハードそう・・・」ってショアブレイクの強烈さではじめてそのパワーに気付く。沖に向かう途中2,3発セットをくらうと、先ほどショアブレイクで認識した危機感が妄想ではなく本物であることを確信する(笑)。この日もそうであった。海に向かって右手のほうから斜めに波は入ってくる。ライトは距離がでそうで、レフトはいい感じにホレている。見てれば見てるほど、本日の板の選択はまちがいだったんじゃないかと(汗)。ほんとにノースはあなどれない。たかがトレードウィンドの風波とおもってきてみたら、ギンギンの本格派でこっちは武者震いとまらなくなってきたぁ(笑)。さすがノースです・・・。

で、今回、持っていったボード3本は(THUG BURGER, enabler, FLYING FISH)、以下の通り・・・。どれも胸以下の波でピークパフォーマンスを得られるようにスペシャルチューンされた小波専門マシンである。ボードの詳細は、HPのボード解説をチェックしていただくか、このブログのバックログのなかから探していただきたい。

THUG BURGER (5’4” x 19.88” x 2.40”)

2015_09_23_6008

enabler (5’8” x 19” x 2.50”)

2014_10_08_9999_184

FLYING FISH (5’4” x 20.35″ x 2.40″)

2015_06_26_1828

 

↓本日のゲストを紹介しておこう。今日、お供いただいたのは、”Fin on Fin” システムで知られる Inception Hydro Dynamics社のナカネ・ヤスオさん。フィンの上に小さめのミニフィンを貼り付けることによってフィン周りの水の流れに変化を与え、これまでにはない’フリーダム感’を約束する新商品を発明したインベンター殿である。興味のある方はぜひ彼のHPを見てみるといいだろう。興味深い画期的な発明品である。(http://inception-hd.wix.com/inception )今回は、私の文章とインベンター殿のインプレッションを織り交ぜて綴っていきたいとおもう。

2015_09_29_6487

↓海に向かう46歳コンビ(笑)。ご覧のとおり、私はenablerを選択し、インベンター殿は乗り慣れているフライングフィッシュを手にした。

2015_09_29_6074

この日のコンディションから察すると、おそらくenablerがいちばん無難なチョイス。SD-3やTR-Xがあったらさらにベターだったのだが、あいにくenabler しかない。とりあえず私はパフォーマンス系のボードで様子をみることにした。順位をつけるとすると、この日のコンディションに向いてるのはenabler→THUG BURGER→ FLYING FISHの順ではないだろうか。タグバーガーはかなりパフォーマンスショートに近い存在で、縦の動きも難なくこなす。フライングフィッシュはどちらかというとダウンザライン系の動きが得意で、縦よりも横の動きが得意なモデルである。それとこのフライングフィッシュに付いているフィンだが、これが少し小さすぎる感がある。(futures. のRASTA QUAD)タウンではものすごく調子のいいモダンフィッシュなのだが、ホレたノースではズルズルとスライドしがちで、その原因はフィンのサイズに起因してると思われる。これはこれでフィンを換えてテストしたほうがいいかもしれない。新しい課題ができた。

↓インベンター殿は、いたくこのフライングフィッシュのアウトラインを気に入っておられ、このボードのポテンシャルについて語っておられた。下の写真からもわかるとおり、カッコよくボトムターンを決め、スタイリッシュに波の中腹で板を返していた。

2015_09_29_6079  2015_09_29_6123

Nakane’s take on FLYING FISH(インベンター殿の見解)
全体的に丸みのあるこの”癒し系ボード”は、フラットロッカー&フラットボトムで、マルチフィンセッティングを備えたサーフボード。
そんなFlying fish 5’4にクアッドセッティングでログキャビンのピークを目指す。
カレントも強く波もパワフルで、サイズもそれなりにあるけれど、パドリングからして抜群に安定性が良いので、テクオフには何の心配も無く挑めるイイ予感(笑。
そんな気分のまま、やって来た波に3,4回パドルをすると、ボードはオートマチックに滑り出して行く、、
すると、1~2秒位あろうか?余裕あるテイクオフの次の瞬間、僕とボードはまるでパントマイムしたかの様にボトムに降りる、、
5’4という、短いボトムコンツアーが繰り出す”ドロップマジック”…
この一見、”癒し系ボード”のFlying fish 5’4のポテンシャルは計り知れない、、それはまさに、「羊の皮を被った狼ちゃん、、」だけど、このパワーとサイズの波で、何とかボトムターンを成功させても、その加速後の、”暴れ(ルース性)”を抑えるのが困難なのは致し方ない、、
しかし、フィンセッティングによっては、6ft代位のボードの安定性とドライブ性を得ることができるかもしれない…。
それは、直感的ですが、今日の様なそれなりのコンディションにおいては、シングルスタビライザーのセッティング(センターフィンプラグをロングボード用のボックスに変更して、ロングボード用のティップの細いセンターフィンを装着し、サイドフィンはクアッドフィンのフロントのまま)にすれば、今日の様なコンディションでもマニューバーサーフィングをさせてくれると思う。
そんな、”Flying fish”は、ベーシックなポテンシャルにパーフェクトさを兼ね備えたサーフボードであると同時に、波のサイズやコンディションによってフィンセッティングを的確に選べば、無限な可能性を秘めたサーフボードで、日本の波にもマッチする事は間違いない。
Flying fish は、”一粒でいくつもの美味しさが味わえる…” それをじっくりと探ってみたくなるボード。

2015_09_29_6115


↓私はこのenabler(5’8″)が普段タウンで乗ってるゴートゥーボードで、サイズがあがると5’10” のSD-3や5’11” のTR-Xなどをコンディションに合わせて使い分けている。enablerとの相性はばっちりで、約1年ほど乗っているが、最近また惚れなおして可愛くてしょうがない一本である(笑)。

テイクオフは、速く・・・。

2015_09_29_6315

ボトムで自然と深く傾いてくれ・・・。

2015_09_29_6344

ライダーの意思に敏感に反応してくれ・・・。

2015_09_29_6168

カービングはあくまでも忠実で・・・。

2015_09_29_6178 2015_09_29_6180

2015_09_29_6181

スピードは申し分なく・・・。(そんなにスピード出てないが・・・笑)

2015_09_29_6189

フローターも意のまま・・・。

2015_09_29_62492015_09_29_6250

ときにはチーターファイブもさせてくれる・・・笑

2015_09_29_6352

こんな反応のいいボードはないんじゃないだろうか。アベレージサーファーにはこの程度しかみせることができないのだが、これがプロだったらどんなことしちゃうんだろうかと妄想してしまう・・・シェーンが乗ったらどうなってしまうんだろう・・・ ひょえ~!(笑)

しいて言うなら、欠点は重さか。厚さ2.5インチというサニー親分もビックリの分厚さである(笑)。それは重くなってしまうだろう。でも、それでタウンのジャンキーウェーブに乗っているのである。ただ、これが軽かったら、もっと反応がいい敏感な動きが期待できるのか? たとえば、同じボードをヴァリアルで作ったらどうなるんだろう? そんなことをしょっちゅう考えてます(笑)。

2015_09_29_6267  2015_09_29_62702015_09_29_62712015_09_29_6273 2015_09_29_6274  2015_09_29_6276

それにしても、今年の夏は波があった。日本もずいぶん台風きてよさそうでしたけど、ハワイも驚くほどハリケーンがたくさん接近してきて、あちこちで波があがってました。で、9月後半、波が落ち着いてきてトレードウィンドが吹き荒れはじめたんで、ああ、おわったなあってあきらめモードになっていたら、その風のおかげでノースがあがるなんて・・・わたしたちハワイ住んでる者たちは恵まれてます。神に感謝。

2015_09_29_6261 2015_09_29_6262 2015_09_29_6263 2015_09_29_6264

enablerさん、日本のみなさんにチョーおススメのモデルです。発音は、エン・エイブラーと発音します。


↓さて、私がインプレのことを忘れて自分の板で乗りまくってたころ、インベンター殿はちゃーんと板を乗り換えてタグバーガーをテストしてくれてました。およよ・・・急にカラー写真の登場ですが、この日はあいにく曇り空で、時折太陽が顔を見せるのですが、どの写真も暗~いので、それなら白黒にしちゃえっていうことでモノクロが多くなりました。明るい写真はこのようにカラーのまま。

インベンター殿 X THUG BURGER

2015_09_29_6216

2015_09_29_6219

2015_09_29_6221

2015_09_29_6240 2015_09_29_6290 2015_09_29_6299 2015_09_29_6301

Nakane’s take on THUG BURGER
一見、ダブルエンダー(前後の見境が無いような)の様なアウトラインをした”THUG BURGER ”。
控えめなシングル&ダブルコンケーブのボトムコンツアーで、マルチフィンセッティングを備えたサーフボード。
Flying fish と、レングスも同じだが、Flying fish よりも長細く直線的なアウトラインをしていて、厚みも若干薄くレール形状もダウン系。
同じコンデションの下、”THUG BURGER 5’4”で再度ログキャビンのピークを目指す(笑。
テイクオフは、Flying fish より若干パワーとタイミングを要するが、ひとたび波に落ちて行けば、 それは猛スピードに変わる。
ボトムターンは、完全にバックフット(後ろ足加重)で行うタイプのボードで、その踏み込みの力量とタイミングさえ間違わなければ、6ft 代のサーフボードかと思う程、”快楽ドライブ” が待っている(笑。
ダウン系レールは、とても波面に入れやすく、それゆえターンのキッカケも取りやすいので、Flying fish の様に特に大波用のフィンセッティングは必要なそうだが、大きめな波のコンディションにおいては、クアッドよりも、スラスターでの、よりスピーディーなサーフィングを体感してみたくさせられる、”魅力多きおてんば娘”。
きっと日本のビーチブレイクでもその”おてんば振り”を発揮する事間違いナシといった感じのサーフボード(笑。

↓テストは続きます。私はタグバーガー。インベンター殿は、enabler。

2015_09_29_6366

タグバーガーの特性を一言でいうなら、「上達」である。「向上」でもいい。なんしろ自分のレベルをワンランクあげてくれる、上達マシンなのだ。波がいい日は自分が上達したような錯覚に陥るが、あれと似ている。でも、このボードの場合、いままでできなかったことが実際できるようになるので、それは「錯覚」などではなく「上達」したと言ってもいいかもしれない。ただ、スタンダードなパフォーマンスショートに戻ると、また逆戻りしてしまうのだが(汗)。これまでたどりつかなかったとこにいけ、これまで抜けられなかったセクションが抜けられるようになり、これまで上れなかったホワイトウオーターを駆け上がれるようになる。エアーだってできるようになるんじゃないかと、このボードは可能性の窓を大きく広げてくれた。

↓とりあえず、ゆるいターンで足の裏から伝わる感触を確かめる。

2015_09_29_6458

↓ボトムでレールに寝かせてみたとき、とてつもない反発力を感じ、ドライブの利いたターンの伸びが快感だった。

2015_09_29_64282015_09_29_6429

↓これはスピードが足りずスプレーもたいして飛んでなく、お恥ずかしいかぎりだが、ターンの感覚はパフォーマンスショートでやるターンに限りなく近かった。ワイドなテール幅(しかもダイアモンドテール)からは想像もつかないようなタイトなターンができそうである。証拠写真はないのだが、トップでの鋭角な返しも可能である。

2015_09_29_6430 2015_09_29_6431 2015_09_29_6432 2015_09_29_6433

↓自分はタグバーガーに得体のしれない潜在能力をいま感じていて、次のセッションが楽しみでならない。これからこのカワイイ CUTE LITTLE BOARDのテストを繰り返し、みなさんにフィードバックしたいとおもう。なんしろ乗りやすいスーパーミニシモンズなのだ。

2015_09_29_6447


 

↓この日の短いセッションが終わりに近づいてきたとき、いいサイズのセットがはいってきた。丸っこいボードから尖がったenablerに乗り換えていたインベンター殿が、迷わずそのセットにドロップ。インサイドでターンを繰り返す・・・。

2015_09_29_6462 2015_09_29_6465 2015_09_29_6466 2015_09_29_6468 2015_09_29_6469

2015_09_29_6386 2015_09_29_6387

2015_09_29_6480

Nakane’s take on ‘enabler’(インベンター殿の見解)
モダンショートボードとして、もっとも見慣れたアウトラインをした、スラスター。
この手のボードは主にコンテストにおいてその真価を発揮する様に造られているので、加速性能やターンのし易さにかけては、この三本の中で一番優れている。
ログキャビンの大きめなピークを難なく滑り降りたかと思えば、次の瞬間サーフボードの方から、”さあ、次はどうする?どうしたい??”って聞いてくるほどレスポンスが良い、、それは、
日本はもちろん、世界中のサーファーをサーフィングに集中させてくれるという、サーフボードに一番求められるミッションを見事に叶えてくれる数少ない”優亜種”的なサーフボード、、それが、ENABLER …。

 


今回は、ふたりで書いたインプレだったので、超長編になってしまった。読者のみなさんには、最後まで読んでいただきありがとうございます。そして、この度”アベレージサーファーによるインプレ”に協力していただいたインセプションの中根氏にも感謝の気持ちを述べたい。チャレンジングなコンディションのなか何度もボード交換していただき、たいへんな思いをさせてしまった。でも、JCサーフボードの良さを解っていただけたようで、彼の発明品である”Fin on Fin”システムをすべてのJCに装着してテストしたいと申しておりました(笑)。

あろは~

2015_09_29_6368

アベレージサーファーによる “REAL インプレ”、JC FLYING FISH & enabler

「アベレージサーファーによるREALインプレ・・・プロが乗っていいのは当たり前。アベレージサーファーが乗ってからこそ判るほんとうの良さ・・・」  

ギラギラ太陽の光線が容赦なく降り注ぐ真夏のある日、ノースショアでFLYING FISHとenablerのテストドライブにいってきました。今年は何度も真夏に波がったっているハワイのノースショア。エルニーニョ現象のおかげです。(この原稿を書いている今日(8/28)などは、タウンに波があり、ノースには日本の台風16号が抜けたあとの低気圧からオーバーヘッドの波がとどき、そしてハワイ島の南東にあるハリケーン・イグナシオからのうねりがすでにハワイ島の東岸に届いているという、まさにハワイ諸島360°をカバーするエピックデイとなっています。

さて、今回、同行願ったのは以前にもこのブログに登場しているEくんとオコレボーイ。↓ ふたりとも、Hawaii LOVEなハワイ在住の日本人です。

2015_08_18_4996

2015_08_18_5351

この日は、ハリケーン・ギレモ~の波をチェイスしてノースに来たんですが、おもったより小さい。はいるかどうかを悩んでしまうぐらいのスモールコンディションでしたが、「とりあえずはいるべ~」っていう私の掛け声のもと全員ゴーアウト。でもなぜか写真では充分すぎるほど波があるようにみえますね。でも実際はこれ以上小さかったらはいってなかったでしょうっていうぐらいスモールなコンディションでした。小波なのでよけい岸に近いインサイドでブレイクするため、インサイドのシャロ―なリーフのうえでヒヤヒヤしながらライディング。ハワイのリーフって場所によって「つくし」のような棒状の岩が突き出てることがあるんです。その溶岩が冷えてできたつくし棒がニョキニョキ生えたポイントが今回のテスト会場になりました。失敗は許されない。緊張感たっぷりのスリル溢れるサーフィンもたまにはいい。

まず、Eくんが私のブルーウェール(シロナガスクジラ)と名付けたFLYING FISH(5’4” x 20.35″ x 2.40″))でテイクオフ。テイクオフで失敗したらリーフのうえをゴロゴロするはめになりますので、ここでは素早く立つ必要があります。↓ ワイドノーズ、フラットデッキ、そしてフルレールの三乗効果で、波のエネルギーをボード全体で受け取って素早いテイクオフに導くフライングフィッシュ。Eくんも難なくテイクオフからダウンザラインへとつなげてます。

2015_08_18_5275 2015_08_18_5278

↓ストールしてみたり。

2015_08_18_5282

↓二番バッターは、オコレボーイ。体重軽い彼にとってこのボードは浮力がありすぎたかもしれませんが、その代わり彼のテイクオフはまるでロングでテイクオフしてるように楽ちん。いつもの2/3ぐらいのパワーで、ちょこちょこっと漕げば波とのスピードが合って板が走り出します。

2015_08_18_4977

↓スタイリッシュにカットバックを決めるオコレボーイ。

2015_08_18_5025 2015_08_18_5026

↓ときには、こんなレイバックっぽく自由自在にブルーウェールをぶん回してました。Phewww!!

2015_08_18_4988

普段からエアーを決めてくるオコレボーイなので、彼の体重に合ったフライングフィッシュなら空を目指すのもアリかと。↓この日はボトムターンからカットバックへとスタイリッシュにつなげてました。

2015_08_18_5104

2015_08_18_5105

どうだった?という私の問いかけに、ふたりがアンサーした感想は・・・

Eくん、「よくわかんない」笑

オコレボーイ、「めっちゃ楽しい! がっはっは!」(USオープンで優勝した大原洋人風に・・・笑)

ということでした。いいレビューも悪いレビューも包み隠さずお伝えするのがこのブログのいいところです(笑)。

で、彼らがブルーウェールに乗っているあいだ、私はというと、自分のenabler(5’8” x 19” x 2.5″)で小波と格闘。小波が大嫌いな私はまさに波とのドッグファイトでした。でも、この板でいろいろフィンを試してきた結果、サイドはサイズMのJCフィンにし、後ろはサイズSのF4にしたコンビネーションが、絶妙なルース感と加速度を兼ね備えたコンビネーションという結果になっています。(future)

JC x F4 = the BEST fin combo.

2015_08_18_4973

ただ、これは個人の好みなので、みなさもいろいろフィンを試してみてください。ボードによって向いてるフィンと向いてないのがありますので、ニューボードをゲットしたらいろいろなサイズを試してみましょう。

↓このボードの場合、サイズSのフィンを3枚にするとルース過ぎてボトムターンでスピードをロスしてしまいます。そこでサイドのふたつをサイズMのJCフィンにしてホールド感をアップさせました。正直言って、たいしたボトムターンではないですが、愛弟子のオコレボーイが裏から見てくれてるんでアップしときます(笑)。

2015_08_18_5171 2015_08_18_5195

↓抜群の回転性をもつenabler。(’エンエイブラー’と発音します)JCサーフボードのなかで最もスモールコンディションに適したハイパフォーマンスボードです。

2015_08_18_51762015_08_18_5177

↓バックサイドに行ってみたり。

2015_08_18_5160 2015_08_18_5162

↓フロントサイドの蹴りこみ感が快感です。

2015_08_18_5042

いま夢見てるのが、このエンエイブラーを同じディメンションでヴァリアルフォームで作ること。正直言って、このボード、変える部分なんて思い当たりません。しいて言うなら、重さでしょうか。なんしろ幅19″、厚さ2.5″のおじさん仕様ですから。ぷぷぷ~!(私の体重は73キロ。ポリの4+4/4というノーマルな巻き)EPSも考えたんですが、シェーン・ドリアンがヴァリアルをいたく気に入っていて、それ以外のフォームで板は作ってないので、かなりヴァリアルに惹かれてます。

テスト用にタグバーガーがあがってきました。そろそろノースの波も上がってくるようですし、SD-3やTRXのインプレもやる予定です。ぜひサーフスカウトハワイのフェイスブックやインスタをフォローして、最新の情報をゲットしてください。@surfscouthawaii

あろは~

堅木

アベレージサーファーによる”REALインプレ”、JC FLYING FISH

「アベレージサーファーによるREAlインプレ・・・プロが乗ってうまく乗れるのは当たり前。アベレージサーファーが乗ってからこそ判るほんとうの良さ・・・」

先日、真夏のノースが上がりそうなので、サーフィン仲間に声をかけてみんなでタウンの喧騒をあとにし久しぶりにのんびりとしたノースに行ってきました。ビーチに着いて見渡すと、ほとんど人がいない。コンペティションばっかの冬のノースとは違う、まったりとした南の島の雰囲気が漂っていました。そして海のなかには・・・海のなかには、たった2人だけ‼ そのなかの一人がテイクオフし、けだるそうにトロイ波をつないでインサイドに・・・とおもったら、突然テールスライド気味のド派手なb/sカットバック~!はてな?どっかでみたころあるカットバック・・・うっそ~!? もしかして、あれってジョンジョン~!? そうなんで、いきなりジョンジョン様の登場です。残念ながら我々とは入れ違いで上がってしまいましたけど。やっぱノースですねえ。いきなりジョンジョンですよ!我々の気分も高まり、いざゴーアウトです。

本日のメンバーは、俳優にすぐなれるぐらいイケメンなEくんと、常にスタイリッシュなAくん。日本語ペラペラです。

2015_07_21_3366

女子はHちゃん。

2015_07_21_2919

そして、私の一番弟子のオコレボーイ。

2015_07_21_2655

この日はワイワイ仲間だけの貸し切りセッションを期待して夏のノースまでドライブしてきたのですが、私には目的が・・・そう、このブログの主題であるJC FLYING FISHのテストライドが本来の目的。それを忘れちゃアカン(笑)。

フライングフィッシュはJCサーフボードのなかでも究極の快楽追求型モデルで、70年代のフィッシュの良さと現代サーフボード工学の最先端のデザインを融合させたモダンフィッシュ。サーフィンの悦びを知るには、もっともおススメのボードです。今回使用したFFは、5’4” x 20.38″ x 2.40” というディメンション。

2015_06_26_1954 FLYING FISH, 5,4” x 20.38″ x 2.40″

2015_06_26_1814

最初の波に乗ったのは、オコレボーイ。いつものことですが、ビーチから見てるとたいしたことないのですが、いざ入ると想像以上にパワーもサイズもあるノースの波。この日も例外なくはいったらガンガンはいってきて、Phewwww!!ってうれしい悲鳴でした(笑)。まあ、今日は初めて乗るクアッドのフィッシュのテストですから、ごっつい波は彼らに任せておいて、私はインサイドの誰もいないとこでフライングフィッシュの乗り心地を吟味してみました。

2015_07_21_2759

テイクオフは予想通り、ロングボードのようにあっという間に立ち上がってました。速~い、速いっ!安定もしていて、パーリングする気配するない。変な癖がない安心テイクオフです。ちなみに2.40インチの厚みにフラットデッキという余裕のワイドボーディーですから、ちょっとドルフィンを心配したのですが、それも難なくクリア。だいじょうぶ、ちゃんと沈みます。ふふ

2015_07_21_2246

フィッシュの醍醐味はなんといってもそのスピード。最初の波でホレてるセクションではぐんぐん加速していき、真っ平な緩慢なセクションでもガンガン抜けてって、フライングフィッシュの洗礼を一本目からして受けました。あとでまたこの事は書きますが、実はちょっと反省してるんです。あまりにも調子よく走るんで楽しくガンガン攻めすぎたかなと(苦笑)。フィッシュなんだからもっとリラックスしてクルーズしてもよかったんじゃないかと、今は思ってます。でもそのぐらいスピードでましたね。普段、加速やスピードでお悩みの方は、このボードが救世主になってくれるはず。

2015_07_21_2308

そして、はじめてのカットバック。無理せず、ユルくやってみました。

2015_07_21_2319

2015_07_21_2320

2015_07_21_2321

2015_07_21_2322

なんかクアッドであることとか色々心配してたんですが、なんか拍子抜けしちゃうぐらいフツーに決まってしまった。スピンアウトとかレールが入らないんじゃないかと乗るまえから考えてたんですが、普段愛用してる5’8″のenablerと同じ感覚でカットバックできました。これはいい!

こちらは、もう少しスピードをつけて、そして回転がはじまってからだいぶ蹴りだしてます。↓

2015_07_21_23552015_07_21_23562015_07_21_23572015_07_21_23582015_07_21_23592015_07_21_23602015_07_21_2361

バックサイドは、こんな感じ。↓やはりフロントサイドとちがってバックサイドは練習の余地アリです。B/Sのボトムターンはもともと下手なので(笑)うまくいかなくても当たり前なのですが、トップでの返しはやはりクアッドだからでしょうか、速い返しがステキ~でした。その証拠写真はありませ~ん。がはは!(笑)

2015_07_21_2681

そこにセットが予告なしにやってきた。↓ちょっと5’4″じゃ不安だったけど、「来たら行く」というのがハワイの掟。躊躇したり、板を寸前で引いたりしたら、もう次からはローカルが乗せてくれません。だから、いっちゃうでしょ~!(笑)

2015_07_21_2427

ちょっと慣れてきたところで、ロールインもどきみたいなこともトライ。↓あんまり派手にスプレーは飛んでませんが、アベレージサーファーの私ですのでこんなものでしょう(笑)。若干強く当てちゃいけないのかとおもって、あまり蹴りださずに惰性に任せてボトムに降りました。いま思えば、もっと強く蹴りだしたかったらそれでもよかったと思います。プロだったらこの場では、ブロウテールとかエアリバースをこのボードでやってほしいところ。

2015_07_21_2508 2015_07_21_25092015_07_21_2510

反省:まあ波が激しかったのもあるのでそうなっちゃったのかもしれないが、まるでフツーのハイパフォーマンスショートでサーフィンするみたいにガツガツやりすぎた。入るまえは、ボトムでソウルアーチするぞ~!って意気込んでたのに海にはいったら全くそんなこと忘れてた(汗)。もう一つは、ほれっほれのセクションでチーターファイブをやるはずだったのに、実際はこんなマヌケなチーターファイブ(笑)。↓

2015_07_21_2568

チータファイブするなら、ここでやればよかった。↓得意のなんちゃってチューブなのだが(笑)、ここはいきなりチューブセクションが現れ減速することに全てを集中していたので後ろ足重心になってしまっている。ここでチーターファイブしてたら、ちょっとソウルフルになれたかもお。ぷぷぷ~。残念だなあ、また次回がんばるか。

2015_07_21_2636

一緒にきてたHちゃんにせがまれ彼女にBlue Whale(シロナガスクジラ)と名付けたフライングフィッシュを貸した。そうしたら、乗るわ乗るわ(笑)。彼女のレベルは中の下か初心者のトップぐらい。ドルフィンがギリギリできるぐらいで、ターンはほぼしない(笑)。そんな彼女なのに「楽しい、楽しい」を連発してライトにレフトに乗ってました。

2015_07_21_3034

2015_07_21_3035

これはけっこう勇気が必要だったとおもう。↓このあとつぶされてましたが、バックサイドでこのサイズのドロップをメイクしたのは褒めてあげたい。

2015_07_21_2867 2015_07_21_2876

子供のようにはしゃいで乗るHちゃんをみてたら、十分ソウルフルだなとおもった。そんな恰好とか技じゃなく、純粋に波に乗る悦びを身体全体で表してた彼女の姿はソウルフルそのものであった・・・と、カッコよく結べたんで今日はここでおしまいにしておきます・・・笑

2015_07_21_3302

あろは~

堅木

アベレージサーファーによる”REALインプレ”、JC TR-D (Shane Dorian’s)

「アベレージサーファーによるREALインプレ・・・プロが乗ってうまく乗れるのは当たり前。アベレージサーファーが乗ってからこそ判るほんとうの良さ・・・」

これまではJCサーフボードの小波マシン”enabler”のインプレを何回か書いてきましたが、今回は快楽追及型モデルの一つであるTR-Dに迫ってみたいとおもいます。enablerばかりでは読んでる皆さんもそろそろ飽きてきたんでは?という声がスタッフのなかから上がり(笑)、今回は日本の夏にぴったりのモデルをご紹介します。ただし、先に言っときますが、今回使用するTR-DはJC Hawaiiの長年のライダーであるシェーン・ドリアンのもので、わたし用に作られたものではないということを念頭においてお読みください。ほかのモデルでインプレをやったら?ということになったとき、たまたま工場の壁に今回使用したシェーンが使ってたTR-Dが飾ってあり、それをジョン・カーパーが、これでいいんじゃない?と手渡され、いざププケアの小波でテストする次第となったわけです。前置きはこのぐらいにして、本題に(笑)。

まず簡単にTR-Dというモデルについて。見た目は単純な丸っこいよくあるオルタナ系のデザインなんですが、このモデルをデザインするにあたってジョン・カーパー氏は最新のシェイピング工学の知識と経験を注ぎこんで、この形に落ち着きました。よって「ただのノーズの丸いサーフボード」ではなく、世界最高峰のボードビルディングのノウハウを注ぎこんで小さな波でパフォーマンスできるボードを追求したら、たまたまこんなデザインになったというわけです。ディメンション的にもノーズの幅以外は、ほぼ小波マシンのenablerに近く、どちらかというとタグバーガーやフライングフィッシュのようなオルタナ系のモデルとハイパフォーマンスなスタンダードショートのenablerとの接点にあるモデルがTR-Dです。スタンダードショートとオルタナ系の長所を兼ねそろえたスーパーモデルというわけです。詳しくは、サーフスカウトハワイの解説をお読みください。

2014_10_08_9999_15

上の写真はウェブサイト用に撮ったもので、実際に使ったボードではありません。実際に使ったシェーン・ドリアンの中古TR-Dは、5’6”x 18.65″x 2.25″ という数値でした。当社ウェブサイトの「おすすめサイズ表」をみると、体重74キロの私の理想的なサイズは5’7”x 19.25″x 2 7/16″ ですから、全体的にボリュームが足りてないということです。ですが、中古なのにプロ仕様のボードは軽く、レールもシェーン用に薄くしてあり、ボード全体から発している攻撃的なフォルムに刺激されてこちらも心躍る(笑)。なんつったって、ビラボン、REEF、モンスターってスポンサーのステッカーがいっぱい貼ってあるわけですから、みっともないサーフィンはしちゃアカンぞ!と自分に言い聞かせ海に向かいました。あはは。

2015-05-05 11.21.50

実際に海にはいってパドルしたかんじは、実にスムース。浮力が足りないといった印象はなく、テイクオフもすんなりとできた。やはりあの幅広なノーズがパドリングやテイクオフにかなり貢献してるとおもわれます。幅が広いノーズだとなんか前が重くて刺さるようなイメージがあるけど、パーリングしそうな気配もまったくなく、なんら普通のショートボードと変わらない感覚でテイクオフ。

2015_05_05_0897

スピードはどうかというと、ものすごく速い。アップスンが得意じゃない私でもクイクイ板を動かしてそれがスピードにつながっていく。「なぜ」速いのかは解らないが、加速するのが容易で、そのスピードをボトムからトップまで持続させるのも問題ない。たまに足の裏にサーフボードがあるのを忘れるぐらい軽かった。それはボードの重さのことではなく、マジックカーペットを操ってるようなサーフボードに乗ってることを忘れてしまうような軽さであった。

2015_05_05_0938

ボトムターンもいい感じ。ただサイズの大きいセットの波に乗ると若干ルースなときもあった。まあフィンのセットアップがクアッドであるので、それぐらいは普通であろう。

2015_05_05_0916

ボトムからトップに上がる際もスピードをロスしたり、垂直に上がっていくのを拒んだりすることもなく、非常に乗りやすい素直な印象をうけた。

2015_05_05_0969

テスト会場になったノースのププケアというとこは、非常に浅い棚のようなリーフの上で割れるセクションがあったりしてホレホレなのだが、そんなとこでもレールが引っ掛かったりして「変な落ち方」をすることもなかった。逆にビーチから向かってくるバックウオッシュもうまく手なづけてしまい、あらためて扱いやすさに感心。いいボードにできあがってる。

2015_05_05_1085

ちょっとスピードが足りない感があるが(汗)、小波でのカットバックもお手のもの。

2015_05_05_0882 - Copy

なんちゃってチューブもブリブリ~(笑)本人はがっぽりチューブに入ってるつもり~!きゃはは!

2015_05_05_0898

これは緩慢なところでのターンなのだが、板の返しはすこぶるいい感触を得た。テールがほどよく沈み、ホレホレのセクションなどでレイバックなどしたらばっちり板を蹴りだせるような気がした。それが実際にできるかは乗り手次第なのだが。(すみません、自分で実践できなくて・・・笑)

2015_05_05_0905

2015_05_05_1018

次の写真みていただきたい。蹴りだし感はものすごくいい。もっとサイズのある波で思いっきり当て込んでみたいと欲がでた。それと自分の体重と技量に合ったTR-Dに乗りたいとも思った。板がプロ仕様に軽く出来上がってるうえに、シェーン用に細め、薄め、短めである。なんしろ体積が足りなくて、このようなburied the railどころか、ボード全体が波のなかに埋まってしまった。これでスピードがでててレールが埋まっているのならサニー・ガルシアのようなパワーサーフィンでカッコいいが、私の場合、ここで失速である(笑)。何度かこれを繰り返し、プロ用の板は素人が乗るものじゃないと痛感。アベレージサーファーにはアベレージサーファー用のマジックボードがあるはず。それを追い求めていくのがこのブログの使命なんじゃないかと、今回はじめて気づいた。

2015_05_05_0922

TR-Dはライダーが一生懸命パンプしなくともボードがスピードを生み出せる自走型である。もちろんロングボードなどに比べたらその加速度は微々たるものだが、ちょこちょこって軽く「きっかけ」をつくってあげれば、板はそのプッシュに敏感に反応する。これはビギナーのサーファーには、かなりのハイポイントじゃないだろうか。波の斜面に板を合わせてあげるだけでスタタタ・・・と走っていくのだから、がむしゃらにターンしないでもTR-Dだったらのんびりリラックスサーフィンでもいいんじゃないだろうか。

2015_05_05_0995

2015_05_05_0996

2015_05_05_0997

TR-Dは初心者からプロまで楽しめる万能デザインです。オルタナ系のボードでハイパフォーマンスな動きをしたいという欲張りなお方にぴったり。夏になると人気のサマーボードです!

アベレージーサーファーによる”REAL インプレ”、JC enabler, 3rd Impression

「アベレージサーファーによるREALインプレ・・・プロが乗ってうまく乗れるのは当たり前。アベレージサーファーが乗ってからこそ判るほんとうの良さ・・・」

ついにenablerのインプレも第三弾になりました。これまでご愛読いただいた皆さま、誠にありがとうございます。このような未熟者ですが、未熟者だからこそボードの良し悪しがはっきりと解るんではないか?というコンセプトのもとにこのブログは成り立っております。尚、トップのこのブログのサブタイトルのところに「サーフボードの最新情報から、ハワイの波、ASP、音楽からアートまで、サーフカルチャーに関することはなんでも語っちゃうノースショア発の楽しいブログ・・・」とありますが、実際にウェブサイトを立ち上げ、ソーシャルメディアを使ってPRや情報発信をしていきますと、いろいろはじめるまでは分からなかった部分というのがみえてきました。当初このブログで拡散する予定だったサーフカルチャー情報は、「インスタやフェイスブックを使ったほうが広めやすいのでは?」ということで、WSLをはじめとするその他もろもろの情報はサーフスカウトハワイのインスタとフェイスブックを中心にポーストしていってますので、ぜひそちらをご覧になってください。

@surfscouthawaii

それでは、こちらのブログはどのように使っていくかというと、とりあえずサーフスカウトハワイで取扱う商品の紹介をメインにしたいとおもいます。とくにサーフボードの乗り心地をテストするインプレなどはまさにここにおくことで、当社ウェブサイトから直接ブログにはいって自分の調べたい商品の情報をスピーディーにゲットできることになり効率的に情報収集ができるようになります。ブログが全然アップされてないのはなぜ?と思われる方もいらっしゃるかとおもい、ここに説明しておきます。不定期ではありますが、お客様に役立つ商品の紹介を中心にブログはアップしていきます。フェイスブックとインスタのフォロー、よろしくお願いします。セールのお知らせ等、そちらを中心に流していきますので。

というわけで、今回も前置きが長くなりましたが(笑)、そうなんです、enablerのインプレが3回目となりました。ノースのスモールデイをピックして、”小波専門短くてワイドボディーな凝縮型モデルenabler” のテストにいってきました。このボードはもうすでに私の足と同化して身体の一部になっています。半魚人ではなく、半板人(はんばんじん)です(笑)。

この日の波は、こんな感じ。だいぶ表面にテクスチャーがあって、走りづらいときもありました。でも、ガシガシしごいていけばぐんぐんスピードつくノースらしいパワーある波です。

DPP_0004

このボードの気に入ってるところは、「蹴りだし感」が自分にとってちょうどいいとこです。レールを抜いてスライドさせる今風のサーフィンとはちがう、オールドスクールのレールをしっかりいれてするターンにちょうどいいレールの「入り具合」だとおもいます。ただ最近もっと派手なこともしてみたいとおもい、いま装着してるJCフィンより小さめのフィンを買おうか悩んでます。ミック・ファニングがこのあいだのベルズのイベントで快調にブロウテールしてたの観ました?ブロウテールやリバース系の技には小さめのフィンをつけたほうがやりやすいかと思って考え中です。フィンでぜんぜんライディングが変わってきますからね。自分に合ったフィンのだいたいのサイズを把握するのも大切ですし、サーフボードによってまたそれも変わってくるんでいろいろのサイズを試してみるといいかと思います。

DPP_0002 DPP_0003

b/s check turn

DPP_0010

これ以上小さい波は無理です(笑)。堅木の限界サイズcutback。じっと耐えてます。

DPP_0017

気持ちよくカットバック。よくある、自分ではリッピングしてると思ったのに、あとから写真みたらカットバックだったパターン(笑)。そういう経験ありませんか?ふふ。これも気分的にはパーコちゃんのようにカービングターンしてるつもりだったんですが、実際は、”なんだただのカットバックじゃん”で終わってしまいました。3枚目をみるとちょっと蹴りだしてますよね? ラウンドハウスだったらあんなとこで蹴りださず、大きな弧を描きながらホワイトウオーターめがけて大回転します。まあ、こんなもんですね、素人は(笑)。でも、一言言っときますが、乗ってる本人はいい感じにぶん回せて大満足したターンです。きゃはは!

DPP_0006 DPP_0007 DPP_0008 DPP_0009

これこそカットバック。写真1のマグショットをみればかなり力はいってるのわかります(笑)。自分的には波の傾斜がきつすぎてここでレール入れるのは困難におもえた瞬間です。ところが写真2でもわかるとおり、一旦セットしたレールはきっちり波を嚙んだまま写真3までつづいてます。最後の写真は”よっこらしょ”って言ってますが(笑)、ケリーのようにホワイトウオーターのもっと上のほうに垂直に当て込んでパシーンって返してみたいものです。ケリーにこのボード貸したら絶好調でしょうね。またノースのシーズンになったらシェーン・ドリアンにこのボード乗ってもらおうかな・・・およよっ、我ながらいいアイデア(笑)。

DPP_0012 DPP_0013 DPP_0014 DPP_0015 DPP_0016

だいぶ自分の体の一部と化してきたJCのenabler。でも、だからといって課題がないわけではありません。調子ははじめのころより断然よくなってきましたが、まだ立ち位置で悩んでます。そして今練習してるのはブロウテール。いつかブロウテールしてる写真をここでアップできたらいいんですが、まず無理かな(笑)。ま、目標があるとサーフィンの取り組み方も変わってきますので、ただ漠然とはいるよりはマシかな。

日本も春になってきたようですねえ。海にはいりやすい季節になってきました。この夏用にニューボードはいかがですか? いまならサーフスカウトハワイのカスタムオーダーが100ドル割引でーす!! 5月10日までグランドオープニングセールは続く・・・。

あろは~

堅木