アベレージサーファーによる”REAL”インプレ、enabler w/ Varial Foam

「アベレージサーファーによる”REAL”インプレ・・・プロが乗っていいのは当たりまえ。アベレージサーファーが乗ってからこそ判るほんとうのよさ・・・」

読者のみなさま、長らくお待たせしまた。ついに、このブログにヴァリアルフォームの登場です。今人気急上昇中のヴァリアルフォームですが、ついに私の手元にマイヴァリアルがとどきコツコツとテストドライブを重ねてきました。その検証結果をここに書き綴りたいとおもいます。タウンの小波で5回ほどテストし、つい先日ノースの某有名ポイントで撮影をおこなってきました。そのときの写真を交えながら、じっくりとこの未知のクラフトの可能性を検証したいとおもいます。

JCサーフボードのライダーであるシェーン・ドリアンが絶賛するヴァリアルフォーム。発売と同時にシェーンはこのスペースエイジマテリアルに乗っています。はじめはスモールボードから試しはじめ、今では彼の乗るSD-3やSTINGRAYといったショートボードはすべてヴァリアル仕様となっています。そして、徐々にガンでもこの新素材を採用しつつ、ついに今シーズン9’6”のPBUが完成。ジョーズやワイメアでおこなわれた伝説の大会エディー・アイカウにもヴァリアル仕様のPBUで出場しました。完全にヴァリアルにのめりこんでいるシェーンを目の当たりにし、私もこの新素材を試さざるを得なくなったわけです。

そこで私が用意したのは、これまで愛用してきた5’8”のenablerという、どちらかというとスモールコンディション用のショートボードと全くおなじディメンションのレプリカ・・・5’8” x 19” x 2.5”

2016_01_07_9999_31

 

グリーンのJCロゴがはいっているほうが、古いほうです。カラーのせいで若干見ずらいですが、まったくのコピーです。

2016_01_07_9999_37

 

サイドから斜めに見ると双子であることがわかります。

2016_01_07_9999_55

 

ロッカーも同じ。まったくのレプリカをシェイプしてもらうことを匠人ジョン・カーパーにたのみ、ヴァリアルというものがほんとうにうわさ通りの性能を発揮するか、それを試したかったわけです。

2016_01_07_9999_74

 

変えたのは、一ヶ所。テールの形状をスワローに変更。なかには、それじゃ正確な比較にはならないじゃないか。これじゃ、テスト結果も信用ならん…という方がいらっしゃるかもしれませんが、テールの形というのはボードの性能にさほど影響を与えないと私は信じています。以前、日本のプロサーファーの方が言ってましたが、今アメリカでナンバーワンの某サーフボードメーカーのあの方にテールの形状について質問したところ、「乗って、お前にちがいが解るのか?」と逆に問われてしまい、しぶしぶ「NO」と答えたらしいです。プロサーファーだって乗ってさほどちがいは解らないのです。このあいだのスナッパーでおこなわれたWSL初戦では、ラウンドテールに乗るフィリペがおり、スカッシュに乗るコロヘ、ダブルバットテールのステュー・ケネディー、そしてスワローに乗るメディナと、WSL選手たちが乗るのテールの形状もさまざま。ボードの性能はテールの形状一つで決まるのではなく、全体的なフォイル、ロッカーにアウトラインのバランスで決まるんではないかと私は勝手に考えてます。もちろんド素人のアベレージサーファーの私ですから、どこまで信じるかは皆さん次第です。でも、ほんとうに、みなさんもお好みのテールに乗るのがいちばんです。

2016_01_07_9999_61

気になる重さですが、非科学的な方法でバスルームにある体重計を使って比較したところ、18%ポリより軽い結果がでました。(当社調べ)ヴァリアル社は20%軽量化に成功と言ってますが、わたしの非科学的方法で18%という結果は、さほどヴァリアル社の宣伝とかけ離れてるというわけでもなさそうです。持った感じは、めっちゃ軽いです。まるでプロサーファーが乗っているPUのプロ仕様巻きのグラッシングが施されたコンペ用の軽さです。素人には、それだけでも気持ちが昂ぶってしまい興奮気味。ついにプロのようなこんな軽いボードに乗るのかと、不安と同時に期待感でいっぱいになりました。

撮影日は、こんな感じの波でした。ファイアーってわけではないですが、ちょうどいいそこそこの波がきてる…といつものように岸からはそう見えたんです(笑)。で、はいって、やっぱまたデカいのかと、ノースの波の水の量と圧倒的なパワーにタジタジ(笑)。

2016_03_22_9999_1

 

まずテイクオフですが、時と場合によりますが、総体的にみてこれまでの普通のPUのボードより速いです。速いのと同時に的確にパーリングすることなくテイクオフできます。これは確実にヴァリアルのメリットといえるでしょう。私を例にたとえるなら、テイクオフが遅いため、いつも波がピークに達し崩れ始める寸前まで立てないので、リップとともにドーンっと落ちていき、ボトムで顔についた水を拭いてから、よっこらしょってボトムターンする場合がしょっちゅうあります。ボトムに降りても波はクローズアウトしてしまっていて、にっちもさっちもいかなくなる・・・というパターン皆さんにも経験ありませんか?(笑)それがですよ、波が崩れてリップといっしょに降るのではなく、その前にフェイスを滑りだせたらワンテンポ速く次のセクションに向かえるわけです。まして、パーリングする率も減る。パーリングしそうになっても、ボードが軽いため自分でリカバーすることが可能になります。今までは絶対リカバリー不可能だったようなミスを自分の力で修正することができるようになり、ミスからワイプアウトする確率がいちじるしく減ります。

2016_03_22_9999_182016_03_22_9999_20

 

ヴァリアル仕様のenabler のいいところは、スピードの持続性。カットバックの途中で失速することって多いですよね、ところがボトムターンでの伸びがハンパじゃないのとおなじで、カットバックでのホールド感が楽で途中スピードをロスすることなくギュイーンと旋回していきます。これ、上手い人だったらとんでもないラウンドハウスがバシバシ決まっちゃうんだろうなと想像してしまうぐらいです。この連写の最後のショットをみると、私と浴客の目が合ってるのがわかりますが、あれは、「どう、いい感じやったろ?」と同意を求めてる目線です(笑)。2016_03_22_9999_1382016_03_22_9999_1392016_03_22_9999_1402016_03_22_9999_1412016_03_22_9999_142

 

アップスンの感覚は言葉にできないような軽快な滑走感覚が得られます。もし、これが軽さだけでこのように軽快に走れるんであれば、常に軽い板に乗ってるプロの人たちはズルいなと思いました。でも、これは軽さだけでなく、ヴァリアル特有のしなり具合と関係がありそうです。とあるプロがヴァリアルは、「軽すぎず、ちょうどいい軽さになっている。それに、このしなり具合ね。エポキシの樹脂で巻くんではなく、ポリで巻いてるので絶妙のフレックス性が保たれてる・・・」これはジョン・カーパーも言っていたことで、彼はヴァリアルをポリで巻くことにこだわってます。それがヴァリアルにはベストであると。下の写真マウイのダスティー・ペインを真似てます(笑)。似てません?(笑)ダスティーといえば、本日はじまった2016 WSL第2戦リップカールプロ・ベルズビーチにワイルドカードで出場するの決まったようです。Go Dusty !! Go Maui Boy !!

2016_03_22_9999_389

 

ボトム―ターンのいいショットが無かったんですが、数あるヴァリアルの特性のなかで、ボトムでのドライブ感というか、ターンの伸びのすごさは、まずはじめに気付いた特性です。写真ではのんびりターンしちゃってますが(笑)、実際本気になってボトムターンすれば、ものすごいところまでいけます。これまで抜けられなかったセクションが抜けられるようになってほんとうにうれしいです。そして抜けたときの感動(笑)。ボトムターンで板に反動をつけて前へ進む力へと変えると、そこから得られる加速力は尋常じゃありません。それを証明する写真がなくてすみません!

2016_03_22_9999_242

 

もちろん、なんちゃってチューブも、自由自在(笑)。

2016_03_22_9999_2172016_03_22_9999_220

 

バックサイドもしっくりきます。ちなみにフィンは以前使っていた双子のenabler からはずしてきた同じフィンを装着してます。

2016_03_22_9999_75

 

ちょっとエッジの感覚をテスト。ここまではよかったんですが、このあとコケました(笑)。

2016_03_22_9999_125

 

これはフィンが抜けてバランスを崩すNGショットなんですが、このボードに乗りはじめてエアーにチャレンジしたい気になりました。47歳でそれが可能かはわかりませんが(笑)、この子は飛びたがっています。もっと練習する時間とこの子がいたら今からでも飛べるかもしれない・・・ムリか(笑)。でもポップ感は十分あります。上手い人だったら軽~くエアーしてしまいそうな雰囲気です。飛びたいな~・・・まずはエアリバースではなく、キックリバースからチャレンジしよっと!

2016_03_22_9999_2732016_03_22_9999_274

 

この下にあるようなターンがバシバシ決まるようになり非常にうれしいです。実際自分がやってるときは、コロヘかミックになったような気分なんですが、写真をあとからみて、なんだこんな緩慢なセクションでやってたのかとがっかり(笑)。でも、板の蹴り込み具合はナチュラルです。そお、ナチュラルっていう言葉がぴったりですね。言い換えると、自然に決まるということです。ボードが私の指示に反抗することなく、素直に回り込んでくるんです。快感‼

2016_03_22_9999_1862016_03_22_9999_1872016_03_22_9999_1882016_03_22_9999_189

 

最後の3枚は力み過ぎてるのがバレてしまいそうなショットなんですが、アベレージサーファー的にはこれが精一杯の高速ターン。

2016_03_22_9999_4362016_03_22_9999_4372016_03_22_9999_438

 

一言でヴァリアルについてまとめるなら、「サーフィンが120%うまくなる」。ただ単に反応が敏感になって技が冴えるだでなく、基本的な動作・・・たとえばテイクオフやボトムターンも「速く」、「遠く」、「確実」になります。小波での調子がよすぎて、最近タグバーガーやフライングフィッシュが部屋の片隅に置き去りにされててかわいそうなぐらい(笑)。でも、ふと思ったんです。もし、タグバーガーやフライングフィッシュをヴァリアル仕様にしたら?ハンパじゃない小波マシンの誕生ですよ。シェーンがヴァリアルでXXLのリアムを模索するなら、一般の我々はショートボードやオルタナ系のボードででヴァリアルの可能性を追求か・・・と思いました。

アベレージサーファーによる”REALインプレ”、JC THUG BURGER, enabler, and FLYING FISH

「アベレージサーファーによるREALインプレ・・・プロが乗っていいのは当たり前。アベレージサーファーが乗ってからこそ判るほんとうの良さ・・・」  

今回のテストドライブは、「9月のノースに風波がNEから回り込んできてるので、ちょっくら小波用のボードをテストしてみようか」という軽い気持ちで、日本から来ていたゲストとジョンx2ズビーチに。ここはかなりの確率でジョンジョン・フローレンスに遭遇することがあり、北のメーソンズロックと南のリトルビーチにはさまれたセミシークレットなポイントである。ビーチに到着すると、目の前には、なんと波・波・波・・・かなり波数多し。この日はNWからの本格的なグラウンドスウェルではなく、貿易風が吹き荒れたあとの風波のはずなのに、かなりしっかり割れている。ノースってビーチから見てるとけっこうできそうで、いざ海にはいってみると、足を踏み入れた瞬間、「あれ、ヤバっ!かなりハードそう・・・」ってショアブレイクの強烈さではじめてそのパワーに気付く。沖に向かう途中2,3発セットをくらうと、先ほどショアブレイクで認識した危機感が妄想ではなく本物であることを確信する(笑)。この日もそうであった。海に向かって右手のほうから斜めに波は入ってくる。ライトは距離がでそうで、レフトはいい感じにホレている。見てれば見てるほど、本日の板の選択はまちがいだったんじゃないかと(汗)。ほんとにノースはあなどれない。たかがトレードウィンドの風波とおもってきてみたら、ギンギンの本格派でこっちは武者震いとまらなくなってきたぁ(笑)。さすがノースです・・・。

で、今回、持っていったボード3本は(THUG BURGER, enabler, FLYING FISH)、以下の通り・・・。どれも胸以下の波でピークパフォーマンスを得られるようにスペシャルチューンされた小波専門マシンである。ボードの詳細は、HPのボード解説をチェックしていただくか、このブログのバックログのなかから探していただきたい。

THUG BURGER (5’4” x 19.88” x 2.40”)

2015_09_23_6008

enabler (5’8” x 19” x 2.50”)

2014_10_08_9999_184

FLYING FISH (5’4” x 20.35″ x 2.40″)

2015_06_26_1828

 

↓本日のゲストを紹介しておこう。今日、お供いただいたのは、”Fin on Fin” システムで知られる Inception Hydro Dynamics社のナカネ・ヤスオさん。フィンの上に小さめのミニフィンを貼り付けることによってフィン周りの水の流れに変化を与え、これまでにはない’フリーダム感’を約束する新商品を発明したインベンター殿である。興味のある方はぜひ彼のHPを見てみるといいだろう。興味深い画期的な発明品である。(http://inception-hd.wix.com/inception )今回は、私の文章とインベンター殿のインプレッションを織り交ぜて綴っていきたいとおもう。

2015_09_29_6487

↓海に向かう46歳コンビ(笑)。ご覧のとおり、私はenablerを選択し、インベンター殿は乗り慣れているフライングフィッシュを手にした。

2015_09_29_6074

この日のコンディションから察すると、おそらくenablerがいちばん無難なチョイス。SD-3やTR-Xがあったらさらにベターだったのだが、あいにくenabler しかない。とりあえず私はパフォーマンス系のボードで様子をみることにした。順位をつけるとすると、この日のコンディションに向いてるのはenabler→THUG BURGER→ FLYING FISHの順ではないだろうか。タグバーガーはかなりパフォーマンスショートに近い存在で、縦の動きも難なくこなす。フライングフィッシュはどちらかというとダウンザライン系の動きが得意で、縦よりも横の動きが得意なモデルである。それとこのフライングフィッシュに付いているフィンだが、これが少し小さすぎる感がある。(futures. のRASTA QUAD)タウンではものすごく調子のいいモダンフィッシュなのだが、ホレたノースではズルズルとスライドしがちで、その原因はフィンのサイズに起因してると思われる。これはこれでフィンを換えてテストしたほうがいいかもしれない。新しい課題ができた。

↓インベンター殿は、いたくこのフライングフィッシュのアウトラインを気に入っておられ、このボードのポテンシャルについて語っておられた。下の写真からもわかるとおり、カッコよくボトムターンを決め、スタイリッシュに波の中腹で板を返していた。

2015_09_29_6079  2015_09_29_6123

Nakane’s take on FLYING FISH(インベンター殿の見解)
全体的に丸みのあるこの”癒し系ボード”は、フラットロッカー&フラットボトムで、マルチフィンセッティングを備えたサーフボード。
そんなFlying fish 5’4にクアッドセッティングでログキャビンのピークを目指す。
カレントも強く波もパワフルで、サイズもそれなりにあるけれど、パドリングからして抜群に安定性が良いので、テクオフには何の心配も無く挑めるイイ予感(笑。
そんな気分のまま、やって来た波に3,4回パドルをすると、ボードはオートマチックに滑り出して行く、、
すると、1~2秒位あろうか?余裕あるテイクオフの次の瞬間、僕とボードはまるでパントマイムしたかの様にボトムに降りる、、
5’4という、短いボトムコンツアーが繰り出す”ドロップマジック”…
この一見、”癒し系ボード”のFlying fish 5’4のポテンシャルは計り知れない、、それはまさに、「羊の皮を被った狼ちゃん、、」だけど、このパワーとサイズの波で、何とかボトムターンを成功させても、その加速後の、”暴れ(ルース性)”を抑えるのが困難なのは致し方ない、、
しかし、フィンセッティングによっては、6ft代位のボードの安定性とドライブ性を得ることができるかもしれない…。
それは、直感的ですが、今日の様なそれなりのコンディションにおいては、シングルスタビライザーのセッティング(センターフィンプラグをロングボード用のボックスに変更して、ロングボード用のティップの細いセンターフィンを装着し、サイドフィンはクアッドフィンのフロントのまま)にすれば、今日の様なコンディションでもマニューバーサーフィングをさせてくれると思う。
そんな、”Flying fish”は、ベーシックなポテンシャルにパーフェクトさを兼ね備えたサーフボードであると同時に、波のサイズやコンディションによってフィンセッティングを的確に選べば、無限な可能性を秘めたサーフボードで、日本の波にもマッチする事は間違いない。
Flying fish は、”一粒でいくつもの美味しさが味わえる…” それをじっくりと探ってみたくなるボード。

2015_09_29_6115


↓私はこのenabler(5’8″)が普段タウンで乗ってるゴートゥーボードで、サイズがあがると5’10” のSD-3や5’11” のTR-Xなどをコンディションに合わせて使い分けている。enablerとの相性はばっちりで、約1年ほど乗っているが、最近また惚れなおして可愛くてしょうがない一本である(笑)。

テイクオフは、速く・・・。

2015_09_29_6315

ボトムで自然と深く傾いてくれ・・・。

2015_09_29_6344

ライダーの意思に敏感に反応してくれ・・・。

2015_09_29_6168

カービングはあくまでも忠実で・・・。

2015_09_29_6178 2015_09_29_6180

2015_09_29_6181

スピードは申し分なく・・・。(そんなにスピード出てないが・・・笑)

2015_09_29_6189

フローターも意のまま・・・。

2015_09_29_62492015_09_29_6250

ときにはチーターファイブもさせてくれる・・・笑

2015_09_29_6352

こんな反応のいいボードはないんじゃないだろうか。アベレージサーファーにはこの程度しかみせることができないのだが、これがプロだったらどんなことしちゃうんだろうかと妄想してしまう・・・シェーンが乗ったらどうなってしまうんだろう・・・ ひょえ~!(笑)

しいて言うなら、欠点は重さか。厚さ2.5インチというサニー親分もビックリの分厚さである(笑)。それは重くなってしまうだろう。でも、それでタウンのジャンキーウェーブに乗っているのである。ただ、これが軽かったら、もっと反応がいい敏感な動きが期待できるのか? たとえば、同じボードをヴァリアルで作ったらどうなるんだろう? そんなことをしょっちゅう考えてます(笑)。

2015_09_29_6267  2015_09_29_62702015_09_29_62712015_09_29_6273 2015_09_29_6274  2015_09_29_6276

それにしても、今年の夏は波があった。日本もずいぶん台風きてよさそうでしたけど、ハワイも驚くほどハリケーンがたくさん接近してきて、あちこちで波があがってました。で、9月後半、波が落ち着いてきてトレードウィンドが吹き荒れはじめたんで、ああ、おわったなあってあきらめモードになっていたら、その風のおかげでノースがあがるなんて・・・わたしたちハワイ住んでる者たちは恵まれてます。神に感謝。

2015_09_29_6261 2015_09_29_6262 2015_09_29_6263 2015_09_29_6264

enablerさん、日本のみなさんにチョーおススメのモデルです。発音は、エン・エイブラーと発音します。


↓さて、私がインプレのことを忘れて自分の板で乗りまくってたころ、インベンター殿はちゃーんと板を乗り換えてタグバーガーをテストしてくれてました。およよ・・・急にカラー写真の登場ですが、この日はあいにく曇り空で、時折太陽が顔を見せるのですが、どの写真も暗~いので、それなら白黒にしちゃえっていうことでモノクロが多くなりました。明るい写真はこのようにカラーのまま。

インベンター殿 X THUG BURGER

2015_09_29_6216

2015_09_29_6219

2015_09_29_6221

2015_09_29_6240 2015_09_29_6290 2015_09_29_6299 2015_09_29_6301

Nakane’s take on THUG BURGER
一見、ダブルエンダー(前後の見境が無いような)の様なアウトラインをした”THUG BURGER ”。
控えめなシングル&ダブルコンケーブのボトムコンツアーで、マルチフィンセッティングを備えたサーフボード。
Flying fish と、レングスも同じだが、Flying fish よりも長細く直線的なアウトラインをしていて、厚みも若干薄くレール形状もダウン系。
同じコンデションの下、”THUG BURGER 5’4”で再度ログキャビンのピークを目指す(笑。
テイクオフは、Flying fish より若干パワーとタイミングを要するが、ひとたび波に落ちて行けば、 それは猛スピードに変わる。
ボトムターンは、完全にバックフット(後ろ足加重)で行うタイプのボードで、その踏み込みの力量とタイミングさえ間違わなければ、6ft 代のサーフボードかと思う程、”快楽ドライブ” が待っている(笑。
ダウン系レールは、とても波面に入れやすく、それゆえターンのキッカケも取りやすいので、Flying fish の様に特に大波用のフィンセッティングは必要なそうだが、大きめな波のコンディションにおいては、クアッドよりも、スラスターでの、よりスピーディーなサーフィングを体感してみたくさせられる、”魅力多きおてんば娘”。
きっと日本のビーチブレイクでもその”おてんば振り”を発揮する事間違いナシといった感じのサーフボード(笑。

↓テストは続きます。私はタグバーガー。インベンター殿は、enabler。

2015_09_29_6366

タグバーガーの特性を一言でいうなら、「上達」である。「向上」でもいい。なんしろ自分のレベルをワンランクあげてくれる、上達マシンなのだ。波がいい日は自分が上達したような錯覚に陥るが、あれと似ている。でも、このボードの場合、いままでできなかったことが実際できるようになるので、それは「錯覚」などではなく「上達」したと言ってもいいかもしれない。ただ、スタンダードなパフォーマンスショートに戻ると、また逆戻りしてしまうのだが(汗)。これまでたどりつかなかったとこにいけ、これまで抜けられなかったセクションが抜けられるようになり、これまで上れなかったホワイトウオーターを駆け上がれるようになる。エアーだってできるようになるんじゃないかと、このボードは可能性の窓を大きく広げてくれた。

↓とりあえず、ゆるいターンで足の裏から伝わる感触を確かめる。

2015_09_29_6458

↓ボトムでレールに寝かせてみたとき、とてつもない反発力を感じ、ドライブの利いたターンの伸びが快感だった。

2015_09_29_64282015_09_29_6429

↓これはスピードが足りずスプレーもたいして飛んでなく、お恥ずかしいかぎりだが、ターンの感覚はパフォーマンスショートでやるターンに限りなく近かった。ワイドなテール幅(しかもダイアモンドテール)からは想像もつかないようなタイトなターンができそうである。証拠写真はないのだが、トップでの鋭角な返しも可能である。

2015_09_29_6430 2015_09_29_6431 2015_09_29_6432 2015_09_29_6433

↓自分はタグバーガーに得体のしれない潜在能力をいま感じていて、次のセッションが楽しみでならない。これからこのカワイイ CUTE LITTLE BOARDのテストを繰り返し、みなさんにフィードバックしたいとおもう。なんしろ乗りやすいスーパーミニシモンズなのだ。

2015_09_29_6447


 

↓この日の短いセッションが終わりに近づいてきたとき、いいサイズのセットがはいってきた。丸っこいボードから尖がったenablerに乗り換えていたインベンター殿が、迷わずそのセットにドロップ。インサイドでターンを繰り返す・・・。

2015_09_29_6462 2015_09_29_6465 2015_09_29_6466 2015_09_29_6468 2015_09_29_6469

2015_09_29_6386 2015_09_29_6387

2015_09_29_6480

Nakane’s take on ‘enabler’(インベンター殿の見解)
モダンショートボードとして、もっとも見慣れたアウトラインをした、スラスター。
この手のボードは主にコンテストにおいてその真価を発揮する様に造られているので、加速性能やターンのし易さにかけては、この三本の中で一番優れている。
ログキャビンの大きめなピークを難なく滑り降りたかと思えば、次の瞬間サーフボードの方から、”さあ、次はどうする?どうしたい??”って聞いてくるほどレスポンスが良い、、それは、
日本はもちろん、世界中のサーファーをサーフィングに集中させてくれるという、サーフボードに一番求められるミッションを見事に叶えてくれる数少ない”優亜種”的なサーフボード、、それが、ENABLER …。

 


今回は、ふたりで書いたインプレだったので、超長編になってしまった。読者のみなさんには、最後まで読んでいただきありがとうございます。そして、この度”アベレージサーファーによるインプレ”に協力していただいたインセプションの中根氏にも感謝の気持ちを述べたい。チャレンジングなコンディションのなか何度もボード交換していただき、たいへんな思いをさせてしまった。でも、JCサーフボードの良さを解っていただけたようで、彼の発明品である”Fin on Fin”システムをすべてのJCに装着してテストしたいと申しておりました(笑)。

あろは~

2015_09_29_6368

アベレージサーファーによる “REAL インプレ”、JC FLYING FISH & enabler

「アベレージサーファーによるREALインプレ・・・プロが乗っていいのは当たり前。アベレージサーファーが乗ってからこそ判るほんとうの良さ・・・」  

ギラギラ太陽の光線が容赦なく降り注ぐ真夏のある日、ノースショアでFLYING FISHとenablerのテストドライブにいってきました。今年は何度も真夏に波がったっているハワイのノースショア。エルニーニョ現象のおかげです。(この原稿を書いている今日(8/28)などは、タウンに波があり、ノースには日本の台風16号が抜けたあとの低気圧からオーバーヘッドの波がとどき、そしてハワイ島の南東にあるハリケーン・イグナシオからのうねりがすでにハワイ島の東岸に届いているという、まさにハワイ諸島360°をカバーするエピックデイとなっています。

さて、今回、同行願ったのは以前にもこのブログに登場しているEくんとオコレボーイ。↓ ふたりとも、Hawaii LOVEなハワイ在住の日本人です。

2015_08_18_4996

2015_08_18_5351

この日は、ハリケーン・ギレモ~の波をチェイスしてノースに来たんですが、おもったより小さい。はいるかどうかを悩んでしまうぐらいのスモールコンディションでしたが、「とりあえずはいるべ~」っていう私の掛け声のもと全員ゴーアウト。でもなぜか写真では充分すぎるほど波があるようにみえますね。でも実際はこれ以上小さかったらはいってなかったでしょうっていうぐらいスモールなコンディションでした。小波なのでよけい岸に近いインサイドでブレイクするため、インサイドのシャロ―なリーフのうえでヒヤヒヤしながらライディング。ハワイのリーフって場所によって「つくし」のような棒状の岩が突き出てることがあるんです。その溶岩が冷えてできたつくし棒がニョキニョキ生えたポイントが今回のテスト会場になりました。失敗は許されない。緊張感たっぷりのスリル溢れるサーフィンもたまにはいい。

まず、Eくんが私のブルーウェール(シロナガスクジラ)と名付けたFLYING FISH(5’4” x 20.35″ x 2.40″))でテイクオフ。テイクオフで失敗したらリーフのうえをゴロゴロするはめになりますので、ここでは素早く立つ必要があります。↓ ワイドノーズ、フラットデッキ、そしてフルレールの三乗効果で、波のエネルギーをボード全体で受け取って素早いテイクオフに導くフライングフィッシュ。Eくんも難なくテイクオフからダウンザラインへとつなげてます。

2015_08_18_5275 2015_08_18_5278

↓ストールしてみたり。

2015_08_18_5282

↓二番バッターは、オコレボーイ。体重軽い彼にとってこのボードは浮力がありすぎたかもしれませんが、その代わり彼のテイクオフはまるでロングでテイクオフしてるように楽ちん。いつもの2/3ぐらいのパワーで、ちょこちょこっと漕げば波とのスピードが合って板が走り出します。

2015_08_18_4977

↓スタイリッシュにカットバックを決めるオコレボーイ。

2015_08_18_5025 2015_08_18_5026

↓ときには、こんなレイバックっぽく自由自在にブルーウェールをぶん回してました。Phewww!!

2015_08_18_4988

普段からエアーを決めてくるオコレボーイなので、彼の体重に合ったフライングフィッシュなら空を目指すのもアリかと。↓この日はボトムターンからカットバックへとスタイリッシュにつなげてました。

2015_08_18_5104

2015_08_18_5105

どうだった?という私の問いかけに、ふたりがアンサーした感想は・・・

Eくん、「よくわかんない」笑

オコレボーイ、「めっちゃ楽しい! がっはっは!」(USオープンで優勝した大原洋人風に・・・笑)

ということでした。いいレビューも悪いレビューも包み隠さずお伝えするのがこのブログのいいところです(笑)。

で、彼らがブルーウェールに乗っているあいだ、私はというと、自分のenabler(5’8” x 19” x 2.5″)で小波と格闘。小波が大嫌いな私はまさに波とのドッグファイトでした。でも、この板でいろいろフィンを試してきた結果、サイドはサイズMのJCフィンにし、後ろはサイズSのF4にしたコンビネーションが、絶妙なルース感と加速度を兼ね備えたコンビネーションという結果になっています。(future)

JC x F4 = the BEST fin combo.

2015_08_18_4973

ただ、これは個人の好みなので、みなさもいろいろフィンを試してみてください。ボードによって向いてるフィンと向いてないのがありますので、ニューボードをゲットしたらいろいろなサイズを試してみましょう。

↓このボードの場合、サイズSのフィンを3枚にするとルース過ぎてボトムターンでスピードをロスしてしまいます。そこでサイドのふたつをサイズMのJCフィンにしてホールド感をアップさせました。正直言って、たいしたボトムターンではないですが、愛弟子のオコレボーイが裏から見てくれてるんでアップしときます(笑)。

2015_08_18_5171 2015_08_18_5195

↓抜群の回転性をもつenabler。(’エンエイブラー’と発音します)JCサーフボードのなかで最もスモールコンディションに適したハイパフォーマンスボードです。

2015_08_18_51762015_08_18_5177

↓バックサイドに行ってみたり。

2015_08_18_5160 2015_08_18_5162

↓フロントサイドの蹴りこみ感が快感です。

2015_08_18_5042

いま夢見てるのが、このエンエイブラーを同じディメンションでヴァリアルフォームで作ること。正直言って、このボード、変える部分なんて思い当たりません。しいて言うなら、重さでしょうか。なんしろ幅19″、厚さ2.5″のおじさん仕様ですから。ぷぷぷ~!(私の体重は73キロ。ポリの4+4/4というノーマルな巻き)EPSも考えたんですが、シェーン・ドリアンがヴァリアルをいたく気に入っていて、それ以外のフォームで板は作ってないので、かなりヴァリアルに惹かれてます。

テスト用にタグバーガーがあがってきました。そろそろノースの波も上がってくるようですし、SD-3やTRXのインプレもやる予定です。ぜひサーフスカウトハワイのフェイスブックやインスタをフォローして、最新の情報をゲットしてください。@surfscouthawaii

あろは~

堅木

アベレージーサーファーによる”REAL インプレ”、JC enabler, 3rd Impression

「アベレージサーファーによるREALインプレ・・・プロが乗ってうまく乗れるのは当たり前。アベレージサーファーが乗ってからこそ判るほんとうの良さ・・・」

ついにenablerのインプレも第三弾になりました。これまでご愛読いただいた皆さま、誠にありがとうございます。このような未熟者ですが、未熟者だからこそボードの良し悪しがはっきりと解るんではないか?というコンセプトのもとにこのブログは成り立っております。尚、トップのこのブログのサブタイトルのところに「サーフボードの最新情報から、ハワイの波、ASP、音楽からアートまで、サーフカルチャーに関することはなんでも語っちゃうノースショア発の楽しいブログ・・・」とありますが、実際にウェブサイトを立ち上げ、ソーシャルメディアを使ってPRや情報発信をしていきますと、いろいろはじめるまでは分からなかった部分というのがみえてきました。当初このブログで拡散する予定だったサーフカルチャー情報は、「インスタやフェイスブックを使ったほうが広めやすいのでは?」ということで、WSLをはじめとするその他もろもろの情報はサーフスカウトハワイのインスタとフェイスブックを中心にポーストしていってますので、ぜひそちらをご覧になってください。

@surfscouthawaii

それでは、こちらのブログはどのように使っていくかというと、とりあえずサーフスカウトハワイで取扱う商品の紹介をメインにしたいとおもいます。とくにサーフボードの乗り心地をテストするインプレなどはまさにここにおくことで、当社ウェブサイトから直接ブログにはいって自分の調べたい商品の情報をスピーディーにゲットできることになり効率的に情報収集ができるようになります。ブログが全然アップされてないのはなぜ?と思われる方もいらっしゃるかとおもい、ここに説明しておきます。不定期ではありますが、お客様に役立つ商品の紹介を中心にブログはアップしていきます。フェイスブックとインスタのフォロー、よろしくお願いします。セールのお知らせ等、そちらを中心に流していきますので。

というわけで、今回も前置きが長くなりましたが(笑)、そうなんです、enablerのインプレが3回目となりました。ノースのスモールデイをピックして、”小波専門短くてワイドボディーな凝縮型モデルenabler” のテストにいってきました。このボードはもうすでに私の足と同化して身体の一部になっています。半魚人ではなく、半板人(はんばんじん)です(笑)。

この日の波は、こんな感じ。だいぶ表面にテクスチャーがあって、走りづらいときもありました。でも、ガシガシしごいていけばぐんぐんスピードつくノースらしいパワーある波です。

DPP_0004

このボードの気に入ってるところは、「蹴りだし感」が自分にとってちょうどいいとこです。レールを抜いてスライドさせる今風のサーフィンとはちがう、オールドスクールのレールをしっかりいれてするターンにちょうどいいレールの「入り具合」だとおもいます。ただ最近もっと派手なこともしてみたいとおもい、いま装着してるJCフィンより小さめのフィンを買おうか悩んでます。ミック・ファニングがこのあいだのベルズのイベントで快調にブロウテールしてたの観ました?ブロウテールやリバース系の技には小さめのフィンをつけたほうがやりやすいかと思って考え中です。フィンでぜんぜんライディングが変わってきますからね。自分に合ったフィンのだいたいのサイズを把握するのも大切ですし、サーフボードによってまたそれも変わってくるんでいろいろのサイズを試してみるといいかと思います。

DPP_0002 DPP_0003

b/s check turn

DPP_0010

これ以上小さい波は無理です(笑)。堅木の限界サイズcutback。じっと耐えてます。

DPP_0017

気持ちよくカットバック。よくある、自分ではリッピングしてると思ったのに、あとから写真みたらカットバックだったパターン(笑)。そういう経験ありませんか?ふふ。これも気分的にはパーコちゃんのようにカービングターンしてるつもりだったんですが、実際は、”なんだただのカットバックじゃん”で終わってしまいました。3枚目をみるとちょっと蹴りだしてますよね? ラウンドハウスだったらあんなとこで蹴りださず、大きな弧を描きながらホワイトウオーターめがけて大回転します。まあ、こんなもんですね、素人は(笑)。でも、一言言っときますが、乗ってる本人はいい感じにぶん回せて大満足したターンです。きゃはは!

DPP_0006 DPP_0007 DPP_0008 DPP_0009

これこそカットバック。写真1のマグショットをみればかなり力はいってるのわかります(笑)。自分的には波の傾斜がきつすぎてここでレール入れるのは困難におもえた瞬間です。ところが写真2でもわかるとおり、一旦セットしたレールはきっちり波を嚙んだまま写真3までつづいてます。最後の写真は”よっこらしょ”って言ってますが(笑)、ケリーのようにホワイトウオーターのもっと上のほうに垂直に当て込んでパシーンって返してみたいものです。ケリーにこのボード貸したら絶好調でしょうね。またノースのシーズンになったらシェーン・ドリアンにこのボード乗ってもらおうかな・・・およよっ、我ながらいいアイデア(笑)。

DPP_0012 DPP_0013 DPP_0014 DPP_0015 DPP_0016

だいぶ自分の体の一部と化してきたJCのenabler。でも、だからといって課題がないわけではありません。調子ははじめのころより断然よくなってきましたが、まだ立ち位置で悩んでます。そして今練習してるのはブロウテール。いつかブロウテールしてる写真をここでアップできたらいいんですが、まず無理かな(笑)。ま、目標があるとサーフィンの取り組み方も変わってきますので、ただ漠然とはいるよりはマシかな。

日本も春になってきたようですねえ。海にはいりやすい季節になってきました。この夏用にニューボードはいかがですか? いまならサーフスカウトハワイのカスタムオーダーが100ドル割引でーす!! 5月10日までグランドオープニングセールは続く・・・。

あろは~

堅木

アベレージサーファーによる〝REALインプレ” JC enabler, 2nd Impression

アベレージサーファーによるREALインプレ・・・プロが乗ってうまく乗れるのは当たり前。アベレージサーファーが乗ってからこそ判るほんとうの良さ・・・

今回は前回同様JCサーフボードのenablerを若干サイズある波でテストします。enablerのインプレ第二弾、はたして小波用にデザインされたenabler、ノースのリアルウェーブで通用するのか? 興味のある方は、READ ON!!

enabler の1st インプレッションで、このボードの特徴はすでに述べた。(3月1日のブログ参照)サイズは、5’8” x 19” x 2.5”・・・若干厚めになってるのは私の体重74キロでもパドリングが楽にできることと、もとから自分の弱点であるテイクオフの遅さを補うためあえて厚さ2.5”にしてある。このあいだ元ワールドチャンピオンのポッツことマーチン・ポッターが、スナッパーのズ中継の時に、「歳をとってきたら、ボリュームこそぼくらの味方」と言っていた。そのとおりである。90年代、ケリー・スレーターらがポテトチップに乗っていたころ、我々一般サーファーも彼らにならって薄くて幅の狭いボードに乗ったものだ。一時は、幅17 3/4”まで細くし、厚さだって2.0 インチしかないペラッペラのボードにあの当時乗っていた。だが、それから20年以上の歳月が流れ、人間は電話を持ち運ぶようになり、クルマは電機や水素で走り、世界中の人間がネットに自分の写真をアップして世の中に己の愚かな姿を公開するようになった(笑)。その間、自分の体に異変が起き、体重が10キロ増えた。医学的にそれは中年という症状らしいが(笑)、サーファーであるからには対策を練らなくてはならない。マスターシェイパーであるジョン・カーパーに自分の悩みを打ち明け、ふたりで相談して出た数値が、2.5インチであった。

さて、enabler の1st インプレを書いたあと、相当な回数このボードに乗るチャンスがあった。はじめのころ気がかりだった「加速の足りなさ」も自分の単なる立ち位置の悪さであることが判明し今では問題なくなっている。考えてみれば、この20年間のあいだに自分のサーフボードの長さは徐々にだが確実に短くなってきた。90年代初頭、ボードといったら、6’00”だった。それが5’10″になって、今では5’8”になった。その短いボードに乗り換えるトランジッションの度に、慣れるのに時間がかかったのを思い出した。今回もそれであったようだ。乗りなれた5’10″から5’8″に転向するには、アベレージサーファーの自分にはやはり「引き継ぎ期間」が必要だったようだ。

その引き継ぎ期間を経て、ラウンドハウスも決まるようになってきたし、何度かバーチカルなリッピングもしてみたりして、そろそろどこまでこの小波用のボードがビッグウェーブに耐えられるか試してみたくなった。風のないコンディションのいい日を探していたら、うまい具合に波のサイズとコンディションがちょうどいい日がやってきた。これはたぶん4-7ftとか今風に言えばそうなるんだろうけど、ハワイアンで言ったら2-3ftである。しかもこの冬多い無風の朝を狙ってテストに行ってきた。

この日は小さいがたまにチューブもアリの日で、ローカルのキッズからアマチュアのミニ・カリサたち、それに現役のプロからあんまり流行ってないボディーボーダーの兄ちゃんたちまで、チャンスがおとずれれば迷わずチューブに突っ込んでいた。それにならって自分も落ちてくるリップに合わせてカバーアップ。まあ、自分ぐらいのへたくそだと、中に無理やり割り込んでねじ込んではいってくようなもので(笑)、メイクする確率は低い。でも、普段はタウンの非力な波でやってるので、一瞬でもグリーンルームに包まれれば快感である。快感を感じた直後にどか~んってもまれて痛い思いをするのだが、こんな綺麗な水とクオリティーの高い波に呑まれるんなら怪我も承知で何度もドロップを繰り返す。

IMG_4319

正直タウンでサーフィンしててb/sのグラブレールなんてやらないのだが、ここだと手におえないぐらい波がホレてくるからとりあえずトライ。別にチューブにならなくても、テイクオフからレールをつかんでボードがどう反応するか試してみる。しかし、アベレージサーファーなので、「まあ、こんなものか・・・」となんも解らんのだが(笑)、グーフィーフッターの世界にちょっとお邪魔させてもらってチューブの中からヴォルコムハウスを見てた。

IMG_4350

IMG_4351

IMG_4352

IMG_4353

IMG_4354

IMG_4355

冒頭でテイクオフが自分の弱点であることを述べたが、弱点どころかテイクオフ自体が嫌いである。乗ってるときは優雅なサーフィン。でも、テイクオフするときはみんな鬼のような顔してがむしゃらに漕いでる。なかには足をバシャバシャさせてる人もいて、野蛮だなあ。その点スノーボードはいいよなあ。山の頂に立って、ちょっとでも重心を前にすればテイクオフである。でも、この5’8″に乗る前に乗っていたFR+は5’10” x 18.35″ x 2.3″であったが、2インチ短くなったのに5’8″のenablerのほうが断然パドルしてる際も浮力が感じられ、テイクオフが速い。テイラー・ノックスも2.5インチのボード乗ってるし、これからもこのキリのいい数字をマジックナンバーとしよう。

IMG_4468

なんだか知らないが、このボードすこぶる調子がいい。このサイズの波でも、このノースショアのパワーといったらかなりのパンチ力がある。なのにテイクオフのとき足元が宙ぶらりんでもボトムに着地したときしっかりレールが入ってすぐさまボトムターンに移れる。そしてホレホレのセクションを走っててもレールが抜けたり、エッジが引っ掛かったり、まえにつんのめったりといったアベレージサーファーによくあるハプニングがぜんぜん起きない。これだけのハードな波だからこそ変な癖があれば顕著に現れてくるものなのだが、まったくその気配すらみせないのだ。

IMG_4396

IMG_4397

IMG_4408

この日最大のセットがやってきた。4フィートと言いたいところだけど、ノースだからなあ、スリーにしておきましょう(笑)。高さはスリーだけど、パワーはしっかりタウンのフォーのパワーでした。ちょっとテイクオフきつかったけど、5’8″で無事テイクオフできて感動。ボトムターンですっぽ抜けることもなく、この確かなホールド感がいざってときに頼りになるよね。ちなみにフィンはフツーのJCフィンです。合格です。

IMG_4484

この日はf/sのハックの写真が少なくこれしかないのだが、ボトムターンからフロントサイドのターンへの流れが非常にスムーズで気に入っている。前回も書いたかもしれないが、S字ターンのレールからレールへの入れかえが快感のこのボード。それが頭から離れず、海に行くときはそのことばかりを考えながら小脇に抱えたこのボードに、「きょうも頼むよ」と念じてます。やっばいかなあ、ボードに話しかけたりしてたらあ?ぷぷぷ

IMG_4594

IMG_4597

最後にまたなんちゃってチュ~ブ! (笑)パイプラインとかパダンパダンのような本気レフトに入るつもりは毛頭ないので、私のようなサーファーが入れるのはこんな小さなチューブだけ。ありがたいことにちょうどサンドバーのうえでこの波は巻いてたので、底に当たる心配がなかったのがよかった。みなさんもなんちゃってチュ~ブ入りましょう! なんちゃってチュ~ブにはいった日は、一日ナチュラルハイでご機嫌ですよ!(笑)

IMG_5004

IMG_5005

IMG_5007

この日のベストウェーブは、マイ・アプレンティスにもっていかれました(涙)。セッション最後にこのセットが我々のとこにはいってきたのですが、自分はディープすぎてぜったい無理。彼は肩から乗ろうと必死にピークから逃げてやっとのことテイクオフにこぎつけてました。くっそ~!でも、ビビッてテイクオフしないかなと思ったら、決めるときに決めてくれたんで、よーやった。マイ・アプレンティス、19歳です。

IMG_5036

さて、ここまで読んでくれてありがとうございます。サーフスカウトハワイのウェブサイトも営業開始し、ここで紹介してるenablerをはじめJCサーフボードのほぼすべてのモデルがカスタムオーダーできます。5月の10日までグランドオープニングセールを実施しておりまして、カスタムオーダーが100ドル引きになっております。またとないこのチャンスをお見逃しないように!! surfscouthawaii.com

あろは~

堅木

アベレージサーファーによるREALインプレ JC enabler, 1st Impression

アベレージサーファーによるREALインプレ・・・プロが乗ってうまく乗れるのは当たり前。アベレージサーファーが乗ってからこそ判るほんとうの良さ・・・その第一弾は、JC Hawaiiのenablerです。JCが削る板のなかで最も小波に適してるスタンダードショート。それがenabler。発音は、「エン・エイブ・ラー」と読み、ちょっと馴染みない単語かもしれませんが「可能にする」という意味があります。パワーのない胸以下の小波でどこまで乗れるか・・・それがアベレージサーファーが日々直面してる課題ですよね。でもじつはそれはプロも一緒。ハワイだってフラットの日もあれば、夏になれば大混雑してるタウンでパワーのない波と悪戦苦闘します。でも、そんな小波セッションを「苦痛」から「楽しみ」に変えてくれるのがenablerだと思ってください。

この日の波は胸前後。風はあまりないのだが、すこし海から風が吹いてて水面がざわついているコンディション。このボードを試すには理想的かも。ちなみにライダーの私のバックグラウンドは、下手の横好きの46歳の♂サーファー。体重74キロで腹でてます(笑)。シェイパーのジョンさんにカラカワレテマス(苦笑)。ボードのディメンションは、5’8″ x 19″ x 2.5″。これまでは5’10″のボードに乗ってきたのだが、タウン用に今流行ってる厚くて幅のあるボードが欲しくて、シェイパーのジョンさんと相談してこういう数値になった。厚さ2.5″っていうのはおススメサイズ表にでてる数値よりずいぶん厚いのだが、自分の欠点であるパドリング力の弱さを補うために思い切って2 1/2”に。オーダーしてから出来上がるまでのあいだ、厚すぎたんじゃないか~って何度も悩んだが、今となっては無駄な心配だったと思い出し笑いしてしまう。若いころは厚さ2インチなんてサーフボードも乗ったけど、テイラー・ノックスとかほかのサーファーのディメンションみてると、年齢46歳の体重74キロだったら厚さ2 1/2”はぜんぜんアリだとおもう。

さて、前置きが長くなったが、パドリング感はいたって良好。通常乗ってるファイブテンより2インチ短いファイブエイトだというのに、厚さと幅があるためいい感じにボードが浮いてパドリングが速い。そして疲れない(笑)。そしておそらく想像ついただろうが、テイクオフも断然速い。これ、いい!(笑)

私が憂慮してたのは、幅や厚みを増したことによってパフォーマンスが損なわれることであった。ところがどうだろう、自然とターンが描ける。無理せずにレールがはいる。楽しいぐらいにS字ターンが描ける。

IMG_1557r

IMG_1558r

ボトムターンもナチュラル。ルース感ゼロ。動きが固いこともない。難なくビシッとボトムターンが決まる。

IMG_1594r

ボトムターンからリップへの一連の動作もライダーである自分の選んだ方向へ進んでくれ、変な癖とか感じなかった。トップに垂直に上がりたがらないボードとか、リップへ上がっていく途中で失速するボードなどあるが、このボードはチョーいい子であった。素直で乗ってるサーファーの指示に忠実に従う。残念ながらリッピングしてるいい写真がないのだが、いい写真が無かったのと、乗り手の問題だとおもわれる(笑)。みなさん、おぼえてますか?アベレージサーファーによるリアル(本物の)インプレですからね、これ。ふふ。

IMG_1853r

ちょっとこれはやりすぎたか。だいぶ力み過ぎてますが、本人はレイバックでも決めた気になってるんでしょう。がはは!カットバックだったら前を見て肩からターンが入っていきますが、これは完全に背後見てます。くっくっく~!でも、この写真の前、腰しかない波をアップスンして走ってたとき相当スピード出てたんだと思います。そうじゃなかったら、こんな小さな波でこんな大きなターンできないでしょ。走るスピードは十分。ただラウンドハウスするべきとこで、力んでおかしなマニューバーになってしまいました。あしからず。

IMG_1664r

バックサイドで短いボード乗るとターンの時すっぽ抜けることありますが、レールが抜けることなくインサイドレールのエッジをかませながらしっかりターンしてくれました。

IMG_1522r

IMG_1523r

IMG_1525r

IMG_1529r

IMG_1531r

IMG_1533r

若干ファイブエイトという短さに戸惑いは感じながら走ったときもありましたが、総体的にみてこのボードは非常に優れた乗りやすいボードだと思われます。まだ一回しか乗ってないのでなんとも言えませんが、個人的にはとりあえず初乗りは成功した気分です。このボードを乗り込んでいったらかなりきわどいターンとか、へたしたらエアーも成功するかな・・・なーんて気にさせてくれました(笑)。それと同時にシェイプアップして鍛えないとなーってことも痛感。いつまでもショート乗りたいですもんね。ノースのサンセット見ながら思いました。

IMG_2042r

あろは~

堅木